おてつたび、JA広島中央と連携して産地と担い手のマッチングの場を提供

【みんなの青果ニュース】

おてつたび、JA広島中央と連携。農業を知る・経験する・相談する機会をつくる

株式会社おてつたび

 

PRTIMES配信のリリース

リリースはコチラ

地域の季節的・短期的な人手不足をキッカケに地域の関係人口を創出するマッチングサイト『おてつたび』を運営する株式会社おてつたび(代表取締役CEO:永岡里菜、本社:東京都渋谷区、以下「おてつたび」)は、「せとうちファンづくりプロジェクト(広島県の竹原市・三原市・尾道市、JR西日本)」と連携し、せとうち3市(竹原市・三原市・尾道市)において、地域事業者の人手不足を解消しながら地域産業にふれるきっかけを作り、3市のファン(関係人口)が継続的に創出される仕組みづくりに取り組んでおります。今回は、三原市大和町にて広島中央農業協同組合(以下、JA広島中央)と連携し、地域の農業に興味を持つ方を対象としたマッチングを行い、仕事としての農業を経験するとともに、地域の農家やJA広島中央との交流の機会を提供することで、担い手不足の解消と農業への関心を高めるきっかけ作りに取り組みます。

  • モデルの特徴

(1)JA広島中央との連携による地域一体となった取り組み
・JA広島中央から地域農家に向けて本取り組みの情報を発信
・おてつたびへの登録や参加者とのチャットでのやり取りなどJA広島中央が農家をサポート
(2)農業について知る機会の提供
・JA広島中央や大和町の農家の方との大和町の農業をテーマとした交流会を実施

  • 背景

自然豊かな大和町は標高340~570メートルにあり、昼夜の寒暖差を生かした農業が盛んです。米、はとむぎ、レンコン、白ネギ、大和いも、桃、イチゴ、ホウレンソウなど特産品が豊富で、JA広島中央管内でも農作物の販売高が最も高い地域です。

しかし、10年前に約6,400人出会った人口は、現在は約5,000人と2割減少しており、また65歳以上が半数超を占めるなど、人口減少・高齢化が進み、農業の担い手不足も深刻化しています。

一方で、おてつたび登録者の60%が農業に興味があると回答しているように、農業への関心度は高まっていますが、気軽に一歩目を踏み出す機会がまだまだ少ない。

■今回の取り組み
おてつたびにより「三原市大和町の農家」と「農業に関心のある方」をマッチング。
地域の担い手を県内外から呼び込むことで、地域に交流を生み出し、これから職業選択を考える方が、農業経験や交流をすることで、将来の就農への意欲を高めるきっかけづくり創出を目指します。

  • 概要

企 画 名:三原市大和町でいちごの収穫・販売と果樹(なし・さくらんぼ)の摘果のお手伝い
募 集 先:果実の森公園(〒729-1211 広島県三原市大和町大草75−28)
実施期間:4月17日(日)~4月23日(土)
募集開始:3月17日(木)
詳  細:https://otetsutabi.com/plans/985

  • 今後の展開

おてつたびは、せとうちファンづくりプロジェクトと協力し、今回のモデルを竹原市、三原市、尾道市の3市の他のエリアにも水平展開し、農業の担い手不足の解消をきっかけとした、せとうち地域のファンづくりの取り組みを進め、農繁期の人手不足に対してお手伝いで人が訪れることが常態化していくことを目指します。

  • 連携事業者概要

広島中央農業協同組合
組織名:広島中央農業協同組合
代表者:代表理事組合長 河野 孝行
所在地:〒739-0015 広島県東広島市西条栄町10-35
設立 :1997年4月
URL :http://www.ja-hirochu.or.jp/

西日本旅客鉄道株式会社 広島支社地域共生室
組織名:西日本旅客鉄道株式会社 広島支社
代表者:理事 広島支社長 藏原 潮
所在地:〒732-0056広島県広島市東区上大須賀町15番20号
URL   :https://www.westjr.co.jp/

  • 取材について

実際におてつたびをしている様子、受け入れ先の方の声、参加者の声などを取材いただけます
お問い合わせ:https://otetsutabi.com/contact

  • 人手不足でお困りの方へ

おてつたびでは、短期的・季節的な人手不足で困っている事業者、地域、自治体、JA、等を募集しています。
お問い合わせ: https://otetsutabi.com/business

  • おてつたびについて

「日本各地にある本当にいい人、いいもの、いい地域がしっかり評価される世界を創る」というビジョンを掲げ、2018年7月にサービスをスタートしました。利用者数は1万5000人を超え、受け入れ先は全国47都道府県 500事業者に拡大。現在、応募倍率は3倍~5倍と非常に注目を集めております。
おてつたび終了後のアンケート※1では、参加者の8割は、それまで全く行ったことない地域を訪れ、9割以上が「地域にまた訪れたい」と答え、移住・定住した事例もあり関係人口創出※2を強みとしております。

 

※1 2022年3月17日時点 おてつたび終了後のアンケートより 自社調べ
※2「関係人口」とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域や地域の人々と多様に関わる人々のことを指します。(出典:総務省「関係人口ポータルサイト」)

会社名 :株式会社おてつたび
代表者 :代表取締役CEO 永岡里菜
所在地 :(東京オフィス)〒151-0053 東京都渋谷区代々木3丁目31−12
(静岡オフィス)〒430-0907 静岡県浜松市中区高林1丁目8-43
設立 :2018年7月
資本金:70,286,500 円
URL :https://otetsutabi.com/
問い合わせ先: info@otetsutabi.com〈広報担当:園田〉

<END>

関連記事

  1. 冷やすと食感が変わる♪産地こだわりのフルーツジュレ!新商品「フルーツジュレアソート」を6/27に発売

  2. 種なし!甘くておいしい!皮ごと食べられる!産地直送通販サイト「JAタウン」で島根県産「シャインマスカット」を販売中!

  3. 【埼玉県産】届いた規格外野菜で楽しめるオンライン料理教室

  4. 8月31日は野菜の日!キッズ向けYouTube「クマーバチャンネル」とコラボした「愛情いちばん!フレッシュボックス」を産地直送通販サイト「JAタウン」で期間限定販売!

  5. 食べチョク6周年を記念した感謝祭を開催。夏の旬食材などが詰まった期間限定福袋特集などを開始!

  6. 【料理教室|夏休み特別企画】野菜の豆知識も学べて自由研究にも最適!親子で楽しめる夏野菜のピザ&デザートピザ作り

  7. この冬一人鍋を存分に味わう「しゃぶしゃぶれたす」と大分県が”健康”をテーマにコラボ。大分県産の新鮮野菜を気軽に、美味しく摂取できるキャンペーンを11月15日(火)から全店舗で開催。

  8. 会員登録不要で業務用野菜をお試し仕入れ「ベジクルLite」

  9. FOODEX JAPANにてニッポンフードシフトの出展があります