足立区のおいしい給食人気メニュー「えびクリームライス」、野菜を食べて健康増進を図るあだちベジタベライフに関連した「こまツナサラダ」を、5月31日(火)より足立区などのセブン-イレブン178店舗で発売

セブン-イレブン×足立区のコラボ企画。コンビニで足立区のおいしい給食、ちょい増し野菜にぴったりの商品を召し上がれ

足立区

PRTIMES配信のリリース

リリースはコチラ

東京都足立区(区長:近藤 やよい)と株式会社セブン‐イレブン・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:永松 文彦)は、「足立区制90周年」を記念し、地域で愛される味わいを楽しんでいただける2品を、足立区などのセブン‐イレブン178店舗(令和4年4月30日現在)にて、5月31日(火)より地域限定で発売します※。今回、給食現役世代、ノスタルジー 世代ともに足立区のおいしい給食を味わっていただける商品や、野菜の積極的な摂取により糖尿病対策を推進する「あだちベジタベライフ」に関連した商品の発売を通じて、健康増進や食育につながる取り組みを、6月の食育月間にあわせて行います。また、同時に各店舗で野菜摂取を促すグッズの掲出などで食育月間を盛り上げます。
※一部店舗では取り扱いがない場合がございます。

■足立区のおいしい給食人気メニュー「えびクリームライス」
・ 価格:430円(税込464.40円)
・ “日本一おいしい給食”を目指す足立区の給食の人気オリジナルメニュー。
・ お子様の成長期に大切な栄養素「カルシウム」が多く含まれる牛乳を使用するとともに、海老の旨みも味わえるクリームに仕上げました。

■シャキシャキ野菜が決め手!「こまツナサラダ」
・ 価格 240円(税込259.20円)
・ 小松菜にツナを組み合わせ、ごま油などで和えた商品です。
・ カップサイズのサラダで、手軽に野菜を摂取していただけます。
  • セブン-イレブンの「地域への想いと情熱」が商品化を実現

平成29年1月の「足立区の活性化に向けた包括連携協定」締結以降、セブン-イレブンには地域に密着したコンビニとして足立区の様々な地域課題や施策、取り組みにご協力いただいています。
去る令和3年秋より、足立区制90周年を記念したコラボレーション企画が始動。
半年以上、ほぼ毎月の打合せ・検討を重ね、商品開発・販売の実現に至りました。

 

  •  株式会社セブン-イレブン・ジャパン関係者が足立区長を表敬訪問

令和4年5月27日(金)、株式会社セブン-イレブン・ジャパン 東東京ゾーン 竹井ゾーンマネジャー及び、加盟店オーナー様が当商品発売の報告を兼ね、足立区長を表敬訪問。足立区長から、今回の企画及び6月食育月間へのご協力に対し、感謝の言葉が贈られました。
竹井ゾーンマネジャーから、「足立区が目指す”日本一おいしい給食””住むだけで健康になれるまち”というコンセプトに感銘を受け、我々もそこに何か貢献することができないか、と考え開発・販売に至った。足立区制90周年に参画できたこと嬉しく思う」と今回の商品開発・販売に対する思いが語られました。また、懇談の中でえびクリームライスが話題に。足立区生まれ、足立区育ちのオーナー様から「懐かしく、学校のグラウンドを駆け回っていた頃を思い出した」と、試食した際のエピソードが紹介されました。

 

  • 株式会社セブン-イレブン・ジャパンの「足立区地域活性化」に向けた取り組み

株式会社セブン-イレブン・ジャパンをはじめ、民間企業の足立区の糖尿病対策プロジェクト「あだちベジタベライフ」へのご尽力もあり、足立区の健康寿命平成25年に比べ、男性1.13歳、女性は1・27歳も延伸させることができました。今回の商品販売で更に強くなった株式会社セブン-イレブン・ジャパンと足立区の連携。足立区の地域活性化に向け、更なる連携を図っていきます。

左:竹井ゾーンマネジャー 右:近藤やよい 足立区長左:竹井ゾーンマネジャー 右:近藤やよい 足立区長

≪以下参考情報≫

  • 『足立区の活性化に向けた包括連携協定』について

平成29(2017)年1月25日、足立区と株式会社セブン‐イレブン・ジャパン、株式会社イトーヨーカ堂、株式会社セブン&アイ・フードシステムズは、地域や暮らしの安全・安心、災害対策、健康増進・食育、環境対策、区内商業振興、区内産品の販売促進、観光の振興、高齢者支援、障がい者支援、子ども・青少年育成、地域社会の活性化・区民サービスの向上の10分野において相互の連携を強化し、足立区内における地域の一層の活性化をめざして協定締結しました。

https://www.sej.co.jp/library/material/_files/000/000/018/969/20170125adachiku.pdf

  •  “日本一おいしい給食”へ!足立区のおいしい給食

おいしい給食のロゴマーク。「えびクリームライス」の商品ラベルに印字される。

おいしい給食のロゴマーク。「えびクリームライス」の商品ラベルに印字される。

平成20(2008)年度当時、足立区では小・中学校の給食総 残菜量が年間341トンもありました。そこで始めたのが、区独自の「おいしい給食事業」です。ただ味が“おいしい”だけでなく、給食を「生きた教材」として、生産者や調理に関わる人々への感謝の気持ちや、食に関する学びを大事にした取り組みを15年続けています。区立小・中学校全103校の自校内調理の中で、各校が様々なメニューやアイデアで取り組んだ結果、令和3(2021)年度の総残菜量は、当初と比べて3分の1以下の年間113トンまで大きく減少。学校給食が、足立区の子どもたちの心と体の成長を支えています。

  • あだちベジタベライフ~そうだ野菜を食べよう!~

あだちベジタベライフのロゴマーク。「こまツナサラダ」の商品ラベルに印字される。

あだちベジタベライフのロゴマーク。「こまツナサラダ」の商品ラベルに印字される。

平成25(2013)年度、足立区民の健康寿命が都平均より2歳短いというショッキングなデータを受け、それまで進めていた総花的な健康対策から方向転換。区民1人当たりの医療費が23区内で最も高かった糖尿病対策一本に舵を切り「あだちベジタベライフ」をスタートしました。特に食育月間の6月には、区内の約875店(令和4(2022)年3月 現在)が加入する「ベジタベ協力店」や区内のセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、デニーズ等と共に、野菜たっぷりメニューやベジファーストを普及・啓発してきました。丸8年の取り組みにより、健康寿命は男性1.13歳(都0.69歳)、女性1.27歳(都0.47歳)延伸。足立区は、本気で「住んでいるだけで、おのずと健康になるまち」を目指しています。

<END>

関連記事

  1. さつまいもを使用した全19商品が大集合!秋の美味しさ大豊作!「ファミマのお芋掘り」開催~あなたはねっとり派?しっとり派?ほくほく派?~

  2. お芋のおいしい季節到来!!お芋といえば!日本最大級のサツマイモの祭典!「さつまいも博2024」2024年2月20日から焼き芋の聖地・さいたまスーパーアリーナ けやきひろばにて開催!出店店舗発表します!

  3. 【そごう大宮店】旬の道産苺が目白押し!「初夏の北海道物産展」開催。

  4. 生レモン×鶏だしスープが、鍋なのに超爽やか ぷるぷるジュレの『塩レモン鍋』

  5. 出店エリア初!世界中で愛されている絵本「はらぺこあおむし」との親子で楽しめる体験型コラボレーションカフェが7/11(火)より、関東・静岡全4か所に期間限定オープン!

  6. クックパッド、5月26日から7日間 そごう横浜店8階催会場にて「おいしいを楽しもう展」を開催

  7. 【太陽のトマト麺】オンラインショップリニューアルキャンペーン

  8. 芳醇な果肉と、とろけるような食感の初夏デザート『アップルマンゴー ~Mellow Apple Mango~』~5月17日(水)から全国のロイヤルホストで販売開始~

  9. 旬のみずみずしいイチジクをたっぷりと味わう5日間!人気のイチジクフェア「晩夏のイチジク」