北陸初のGI登録、また伝統野菜としては全国初の登録産品である「吉川ナス よしかわなす」の取り扱いを開始

株式会社食文化は運営する(うまいもんドットコム・豊洲市場ドットコム)内にGI登録商品を取りまとめた「GI産品販売サイト」を立ち上げ、日本の生産者と日本の地域ブランドを世界に広める活動に協力しています

株式会社 食文化

PRTIMES配信のリリース

リリースはコチラ

グルメ食品のインターネット販売を展開する株式会社食文化(東京都中央区築地、代表:萩原 章史)は2022年7月、福井県鯖江市で栽培されているGI産品・伝統野菜「吉川ナス」の取り扱いを開始しました。詳しくはwebの特集ページへ https://www.tsukijiichiba.com/user/collection/1200

鯖江の伝統野菜 吉川ナス ‐よしかわなす‐鯖江の伝統野菜 吉川ナス ‐よしかわなす‐

1000年以上の歴史を持つ、丸く締まった形状の吉川ナス

福井県鯖江市の旧吉川(よしかわ)村の辺りで栽培されていた吉川ナスは、1000年以上の歴史を持ち、賀茂ナスのルーツともいわれています。収穫時期は6月から10月。300gほどのソフトボールくらいの大きさの丸ナスです。皮が薄く、引き締まった肉質は火を通しても煮崩れしにくく、田楽などに適しています。油との相性も良く、甘くとろけるような味わいと親しまれてきました。

花の周り、茎や葉の裏にも鋭いトゲがある花の周り、茎や葉の裏にも鋭いトゲがある

品種改良がされていない吉川ナスには葉・枝・ヘタに鋭い棘がある
昔のままの姿を留めている吉川ナスは、風が吹くとその棘に触れて、果実が傷ついてしまい、見映えが悪くなります。栽培が難しい上に、収穫量も多収型に比べると1/3以下と少ないため、栽培農家が激減してしまい、1990年前後には、栽培農家が1軒になったのです。

ひとりの農家が守ってきた吉川ナスの種を受け継いだひとりの農家が守ってきた吉川ナスの種を受け継いだ

たったひとりの農家が栽培を続け、守り継いだ吉川ナス
「たくさんできるものではないので、あまり儲けもないが、待っている人がいるからね。うちだけだから」
と語った農家さんが亡くなった際、畑に残ったのは、3玉のナスだけでした。農家の妻より譲り受けた吉川ナスから採った種を守り、受け継いでいく覚悟をしたのが市の農政課員と地元の篤農家たちです。
2009年「鯖江市伝統野菜等栽培研究会」を結成し生産が途絶えかけた吉川ナスの再興に挑み、伝統を守り続けるため、定期的に栽培講習会を開催し、共通の栽培指針に基づく同じ品質のナスを出荷できるように努めています。

「鯖江市伝統野菜等栽培研究会」は農林水産大臣賞を受賞「鯖江市伝統野菜等栽培研究会」は農林水産大臣賞を受賞

2016年7月、吉川ナスは国の地理的表示(GI)保護制度に登録
地理的表示(GI)保護制度は、地域の高品質な産品を国が登録・保護する制度です。
吉川ナスは北陸初のGI登録、また伝統野菜としては全国初の登録産品です。

地元の田楽味噌が入るセットもあるので、最初の一品にお試しください地元の田楽味噌が入るセットもあるので、最初の一品にお試しください

吉川ナスの美味しい食べ方・農家さんのおすすめは?
ソフトボールくらいの大きさの丸ナスで、皮が薄く果肉が締まった吉川ナスは、加熱すると柔らかくなり、油を使った調理方法だと、とろけるように甘い味わいが楽しめます。田楽のように焼いたり、揚げたり煮ても美味しいです。和・洋問わず、中華やイタリアンにも活躍します。

鯖江の伝統野菜 吉川ナス よしかわなすについて、詳しくはwebの特集へ
https://www.tsukijiichiba.com/user/collection/1200

GI産品販売サイトについて、詳しくはこちら

問い合わせは、 株式会社食文化へ https://www.shokubunka.co.jp/

<END>

関連記事

  1. 冷蔵庫にて野菜を新鮮に保つ「新鮮番(しんせんばん)」

  2. 横浜高島屋「東北旅行を満喫 東北駅弁まつり」

  3. 1本のおいしいが、世界を救う。フードロス削減に取り組んだスマイルバナナアイス新発売!『Doleスマイルバナナアイス 』を発売いたします。

  4. 【さつまいも】熟成炭火焼き蜜芋テリーヌショコラ

  5. 【コロプラ】オフィスでバナナが食べ放題「無限バナナ」の運用を開始

  6. スイーツパラダイスで『朝採れブランドいちご食べ放題 』

  7. 俳優・池内博之さん「スペシャルケールアンバサダー」に就任

  8. 【青果卸・㈱フードサプライの新業態】八百屋の本気を今カタチに。「未来の八百屋さん」を目指す、『吟実屋』がGREEN SPRINGSにオープン(7/25/JR立川駅北口)

  9. 【さつまいも博2022】全国やきいもグランプリ2022へ行ってきた(1)