【らでぃっしゅぼーや】家計と生産者を支える、旬野菜のサブスクサービス「めぐる野菜箱」畑応援プラスコース販売開始

〜一定量の青果が定額で購入可能、さらにフードロス削減の仕組みも強化〜

オイシックス・ラ・大地株式会社

PRTIMES配信のリリース

リリースはコチラ

⾷品のサブスクリプションサービスを提供するオイシックス・ラ・⼤地株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社⻑:⾼島宏平、以下 当社)が展開する「らでぃっしゅぼーや」では、旬野菜・果物のサブスクリプションサービス「めぐる野菜箱」畑応援プラスコースを、本年9月19日(月)から販売開始しました。「めぐる野菜箱」は、定額で一定量の旬の野菜・果物をセットにしてお届けするサービスです。オプションの”畑応援プラスコース”を追加すると、契約数を上回る豊作品や、基準に満たないふぞろい品など、流通にのせにくくなってしまった青果をお届けします。購入を継続することでフードロス削減、生産者支援につながるサービスです。(https://www.radishbo-ya.co.jp/brand/meguru/

▲「めぐる野菜箱」畑応援プラスコースお届けイメージ▲「めぐる野菜箱」畑応援プラスコースお届けイメージ

■「めぐる野菜箱」販売の経緯について

「めぐる野菜箱」は、らでぃっしゅぼーやが1988年から販売している、旬の青果の詰め合わせ「ぱれっと」の仕組みを引継いでおり、収量が安定しない青果を、持続可能な形で販売するためのサービスです。当社が実施している契約栽培は、事前に生産者と価格と出荷量を取り決めるため、生産者にとって安定した収入が確保できるというメリットがあります。また、旬の青果を、季節ごとの需要量と供給状況に合わせて箱詰めするため、豊作・不作時にかかわらず、種類・頻度・分量を調整することができ、当社と生産者との安定的かつ継続的な取引を実現しています。またお客様にとっては、野菜高騰の状況においても、一定した価格でのお届けが可能になります。
この度新しく開始する「めぐる野菜箱」のオプションサービス「畑応援プラスコース」では、契約外の豊作品や規格外に育ってしまった青果を取り扱い、フードロスの削減に取り組む狙いがあります。

「めぐる野菜箱」のメリット
・定額で一定量の青果の購入ができるため、家計の救済になる
・買取価格、販売価格は固定となり、市況変動をうけないため生産者の収入が安定する

「畑応援プラスコース」のメリット
・天候などの外的要因などによる豊作、不作時の青果の救済が可能になる
・フードロス削減、生産者支援につながる
■利根川みどりの会(群馬県) 定方雅彦さんコメント

「らでぃっしゅぼーやとお付き合いして20年。一般的には価格は相場次第なので、大暴落も何度も経験し、農業はギャンブルのような一面がありました。らでぃっしゅぼーやに出荷するようになり、注文をもらってから種を蒔く、という夢のような農業に進化発展いたしました。昨今は雨の降り方が過激で、ゲリラ豪雨や帯状降水帯などの不安要素が大きくなっています。「めぐる野菜箱」の契約栽培は、農家にとっては貴重な安心要素です。そして、つくる人・運ぶ人・食べる人の架け橋であると感謝しています。」

《商品概要》

▲「めぐる野菜箱」お届けイメージ▲「めぐる野菜箱」お届けイメージ

■商品名「めぐる野菜箱」

商品本体価格:2,152円~4,582円(税込み)
※サイズによって価格が変わります、
・畑応援プラスコース 価格:216円(税込み)
※Mサイズ限定のオプションです。

・販売開始:2022年9月19日(月)10:00〜
(らでぃっしゅぼーや定期会員の方向け)
※お届け開始は2022年10月3日(月)~となります
販売サイト:https://www.radishbo-ya.co.jp/brand/meguru/

▼らでぃっしゅぼーやを初めてご購入の方
下記より会員登録してお申込みいただけます
https://www.radishbo-ya.co.jp/admission/lp/start/

▲「畑応援プラスコース」お届け内容▲「畑応援プラスコース」お届け内容

​食品宅配サービス「らでぃっしゅぼーや」について

 1988年に設立。有機・特別栽培野菜、添加物を控えた加工食品、環境にやさしい日用品等の個別宅配事業を展開し、現在会員数は65,297人(2022年6月末現在)です。安心・安全にこだわった、持続可能な社会の実現を目指した商品、サービス開発を行っています。フードロス削減を目的に、ふぞろいでも美味しさや価値のある食材を取り扱う「ふぞろいRadish」の販売企画に取り組んでいます。

オイシックス・ラ・大地株式会社について
オイシックス・ラ・大地株式会社(代表:高島宏平)は、「Oisix」「らでぃっしゅぼーや」「大地を守る会」の国内主要ブランドを通じ、安心・安全に配慮した農産物、ミールキットなどの定期宅配サービスを提供しています。子会社の買い物難民向け移動スーパー「とくし丸」や、米国でヴィーガンミールキットを展開する「Purple Carrot」も含め、食のサブスクリプションサービスを広げています。
当社は、「サステナブルリテール」(持続可能型小売業)として、サブスクリプションモデルによる受注予測や、ふぞろい品の積極活用、家庭での食品廃棄が削減できるミールキットなどを通じ、畑から食卓まで、サプライチェーン全体でフードロスゼロを目指しています。

<END>

関連記事

  1. 神奈川県小田原発の“かながわブランド”野菜「下中たまねぎ」×サンリオの大人気キャラクター「ハローキティ」

  2. 【温泉×農園キャンプ】千葉県「おふろcafe かりんの湯」オープン

  3. 日本初!3つの機能性表示食品となった北海道のトマト!

  4. クックパッド、5月26日から7日間 そごう横浜店8階催会場にて「おいしいを楽しもう展」を開催

  5. 【最新写真】栃木県産トマト「とちとま」〜ジンボ・アグリアート・モダニズム〜

  6. 〈沖縄県のトロピカルフルーツを味わい尽くす!〉『沖縄フルーツフェス-パイン&マンゴー編-』を東京・白金台「MuSuBu」にて開催!

  7. 「きのこフレークプレミアム」調理せずに食べられる全く新しいスタイルの「きのこ」マクアケ・プロジェクト公開中です!

  8. 食べチョク、夏の福袋特集を開設。旬の野菜セットや、キャンプやBBQにぴったりなお肉の詰め合わせなど、産直ならではの福袋が盛り沢山!

  9. 北海道産かぼちゃ、生姜スープも入ったSoup Stock Tokyoの母の日ギフト