オフィスで地方特産フェア 第23弾!宮城県産と佐賀県産いちごを贅沢にオフィス約150拠点で今が旬の「いちご祭り」を開催

 

株式会社KOMPEITO

PRTIMES配信のリリース

リリースはコチラ

株式会社KOMPEITO(東京都品川区、代表取締役CEO 渡邉瞬)は、全国の地方自治体や各地のJAと連携し、”置き型健康社食”「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」の冷蔵庫を活用した地方特産品のPRや、無料サンプリングを行う「オフィスで野菜 地方特産フェア」を定期的に実施しております。今回は第23弾として、宮城県産いちご「にこにこベリー」、「もういっこ」、「とちおとめ」の3種と佐賀県産いちご「いちごさん」のサンプリングを実施いたしました。

  • 実施背景

各地域のJAや全農は、コロナ禍において特産品や農産品の販売促進方法が制限され、消費者に実際に食べてもらう機会が作れないという課題を抱えています。コロナ前は百貨店等、店頭での試食販売をメインにPRを実施していましたが、現在は感染症拡大予防のため、実施が困難な状況です。
そこで、実食を伴うPRを安心・安全にできる場所として「OFFICE DE YASAI」のプロモーション・サンプリング事業「OFFICE DE MEDIA(オフィスでメディア)」が連携し、地方特産品等のPRを行っています。
今回は宮城県産いちご「にこにこベリー」、「もういっこ」、「とちおとめ」と佐賀県産いちご「いちごさん」を実食いただく機会を作るため、宮城県産いちご3種については食べ比べできるよう1粒ずつ、佐賀県産いちごについては2粒ずつの小分けカップを準備し、オフィスに設置した冷蔵庫にてサンプリングを実施いたしました。

  • 実施内容1

商品:宮城県産いちご「にこにこベリー」、「もういっこ」、「とちおとめ」
実施期間:2023年1月23日〜2023年1月27日(終了済)
実施対象:宮城県、北海道の企業を中心に約50拠点、1,500セット
実施内容:いちご3種食べ比べセット配布 / 専用アプリ「YASAI PAY(ヤサイペイ)」を活用した試食アンケート

〈宮城県産いちごとは〉
宮城県は東北一のいちごの生産量を誇り、全国的にも十本の指に入る大産地です。
そんな宮城県で生産されたいちごを「仙台いちご」と呼びます。
「仙台いちご」は現在3品種が生産されており、震災後の平成24年に地域団体商標に登録され、宮城県全域で生産されています。

・「にこにこベリー」
3万粒の中から選ばれた、2019年デビューの宮城県オリジナル新品種です。
作り手、売り手、さらには手に取って食するすべての人が笑顔になるいちご、という想いを込めてこの名がつけられました。
果実は断面まで鮮やかな赤色で、酸味と甘みのバランスがとてもよく、そのまま味わうだけでなくスイーツに使っても美味しくいただくことができます。

・「もういっこ」
宮城県で育成され、平成20年に品種登録されました。大きい円錐形をしていて、果皮は鮮やか、果肉は淡い赤色をしています。
大粒でさわやかな甘みを楽しめるほか、果肉がしっかりとしているため食べ応えがあり日持ちが良いとされている品種です。

・「とちおとめ」
程よい酸味で、長年にわたって親しまれている品種です。
また、果汁が豊富で果実がしっかりしているので、比較的日持ちがよいのも魅力です。
「もういっこ」と比べると小粒のものが多い品種ですが、整った形をしています。ツヤツヤとした綺麗な果皮はとちおとめの特長といえます。

〈サンプリングの様子〉

  • お客様の声

「価格高騰の中、食べ比べはワクワクして嬉しかった」、「にこにこベリーといういちごがあることを初めて知ったが、今回食べて非常に美味しかったのでスーパーなどで見かけたら購入してみようと思う」、「なかなか食べ比べをする機会がないので、品種によってこんなに味や見た目が違うことを知って良い機会でした」など、大変ご好評いただきました。

  • 実施内容2

商品:佐賀県産いちご「いちごさん」
実施期間:2023年1月30日〜2023年2月3日(終了済)
実施対象:東京都の企業を中心に約100拠点、1,000セット
実施内容:いちごさん配布 /専用アプリ「YASAI PAY(ヤサイペイ)」を活用した試食アンケート

〈いちごさんとは〉
佐賀県とJAグループ佐賀、いちご生産者が力を合わせ、7年もの月日をかけて開発された2018年生まれのいちごです。佐賀県において20年ぶりの新品種ということで注目されています。

「いちごさん」は果実が大きく、全体に深い紅色をしておりとても艶やかです。食感は硬すぎず柔らかすぎないいちごらしい歯触りで果肉がみずみずしく、華やかで優しい甘さを楽しむことができます。

〈サンプリングの様子〉

  • お客様の声

実際にご試食いただいた約9割のお客様が「いちごさんを初めて知った」、「甘かった」と回答、自由記述欄には「普段は産地を意識していちごを購入していなかったので、こういう機会は有り難いです」、「程よい甘みで美味しくいただきました」などのコメントが多数あり、大変ご好評いただきました。

今後も「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」のオフィスネットワークを活用し、生産者と消費者を繋ぎ、地域の魅力をお届けしてまいります。

OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)について

OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)は、2014年からサービスを開始した“置き型健康社食“サービスです。現在では全国で累計5,500拠点以上に導入されています。(2023年2月現在)
オフィスに冷蔵庫や冷凍庫を設置するだけで、健康と美味しさにこだわったサラダやフルーツ、お惣菜などが定期的に届けられる食の福利厚生サービスです。
オフィスにいながら手軽に健康的な食事ができるため、健康経営の一環として、また社員満足度向上、社内コミュニケーション活性化、採用強化の取り組みとして導入する企業が増えています。

OFFICE DE MEDIA(オフィスでメディア)について

OFFICE DE MEDIA(オフィスでメディア)は、OFFICE DE YASAIサービスで構築したオフィスネットワークを活かし、ビジネスパーソンにターゲットを絞って、販促PRや広告放映を行うことができます。
通常、広告が掲出される機会が少ないオフィス内にデジタルサイネージを設置し、オフィスワーカーにダイレクトに情報をお届けいたします。
また、オフィスに設置されたOFFICE DE YASAIの冷蔵庫にてサンプリングの実施が可能です。商品を実際に手に取っていただき、オフィス内で【認知〜関心〜行動〜評価】までを一貫して行うことができます。

「つくり手とつかい手を豊かにする」をビジョンに掲げ、2012年9月に設立したベンチャー企業です。
2014年より、働く人と企業の健康を促し、オフィスの食事環境を整える福利厚生サービス“置き型健康社食”サービス「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」をスタート。
消費者と生産者を繋ぐ新たなチャネルを通じ、農産物の流通改革にチャレンジしています。
現在では、ベンチャーから大手企業、医療機関等、全国5,500拠点以上に導入いただいています。

所在地:東京都品川区西五反田2-28-5 第二オークラビル5F
設立日:2012年9月3日
代表者:代表取締役CEO 渡邉瞬
事業内容:
・“置き型健康社食”サービス「OFFICE DE YASAI」の企画、運営
・オフィスでのプロモーション・サンプリング「OFFICE DE MEDIA」の企画、運営
・ダイナミックプライシング機能搭載!サラダの自販機「SALAD STAND」の企画、運営

  • 問い合わせ先

株式会社KOMPEITO 広報担当:白井小百合(シライサユリ)
TEL:03-6419-7144 E-Mail:info@officedeyasai.jp

<END>

関連記事

  1. 新しいしゃぶしゃぶの楽しみ方を提案!下野紘、杉⽥智和、江⼝拓也ら豪華声優陣が今度は野菜役に?!早見沙織が仲間入りでパワーアップミツカンWEB動画「しゃぶしゃぶ劇場」4月7日(木)公開

  2. 【タカノフルーツパーラー】タカノフルーツティアラ5月。テーマフルーツはメロンです。マスクメロンなど様々な品種を食べ比べてください。期間:5/1(月)~5/31(水)

  3. 【銀座コージーコーナー】今だけ味わえるおいしさ! とろ〜りとろける食感とあふれる果汁。旬の果実・愛媛県産せとかのパフェが登場。

  4. 【イチゴ狩り】6割以上が経験あり! 裏技やこだわりを聞いてみた

  5. 【チョーヤ】希少な梅で梅仕事を手軽に出来る!梅酒キット梅酒シロップキット

  6. 福島県産トマトを使用した限定商品を県内の店舗で販売『モスの産直野菜フェスタ』福島県にて開催!

  7. 愛媛県西宇和みかん新CMオンエア!

  8. 【銀座コージーコーナー】パフェでも! フルーツサンドでも!あふれる甘熟メロンを楽しもう! 茨城県産メロンを贅沢に使ったパフェ&フルーツサンド。

  9. 【美味しさの秘密はARで!】アプリ不要で体験できる「おいしい秘密を教えて農家さん」の提供を開始!(株式会社エージーと連携)