4月20日はジャムの日!従業員が選ぶ、人におすすめしたい商品ランキング発表

【ニュースレター】アヲハタ従業員が選ぶ、おすすめの商品と食べ方を紹介

アヲハタ㈱

PRTIMES配信のリリース

リリースはコチラ

アヲハタ株式会社(本社:広島県竹原市、代表取締役社長:山本範雄、以下アヲハタ)は、4月20日のジャムの日にちなみ、アヲハタ従業員を対象に「人におすすめしたい商品」の調査をしました。シリーズ別投票結果として「アヲハタ まるごと果実」、「アヲハタ 55」の商品ランキングを発表します。

-1- 4月20日はジャムの日です!
1910年(明治43年)4月20日、長野県北佐久郡三岡村(現在の小諸市)の塩川伊一郎氏が「苺ジャム」を皇室に献上したとの記録があり、塩川伊一郎氏の技術が日本のジャム産業の礎となったと考えられることから、日本ジャム工業組合(東京都千代田区)が4月20日を「ジャムの日」に制定しました。「ジャムの日」は、日本記念日協会に登録されている記念日です。

-2- アヲハタ従業員に聞く、「人におすすめしたい商品」ランキング発表!

153票を獲得して第1位に輝いたのは「まるごと果実 白桃」。定番のいちご、ブルーベリーを抑え、全年代で1位という結果となりました。好きな理由は、「ごろっとした果肉が入っていて、とてもフレッシュ」「桃が好きで、年中食べられるのが嬉しい」など、まるごと果実の特徴である、フルーツそのままのおいしさに対する声が多くあがりました。
「アヲハタ 55」シリーズでは、2023年の春から通年商品となった「55 白桃&グァバ(グレープフルーツ入り)」が第1位に。「年中いつでも買えるようになって嬉しい」という声があがりました。今回、「人におすすめしたい」という視点で選択したことで、定番商品はもちろん、ぜひ食べてみてほしい、と感じる商品に票が集まる結果となりました。

-3- おすすめの食べ方は″そのまま″フルーツの代わりに!

パンやヨーグルト以外の好きな食べ方としてはケーキなどのスイーツにしたり、料理に使用したりするアレンジの他に、「そのままフルーツの代わりに」「凍らせてシャーベットにして」が多くあがりました。好きなフルーツをいつでも好きな時に味わうことができ、アレンジの幅が広がります。アヲハタ公式ホームページでも、おすすめのレシピを紹介しています。
https://www.aohata.co.jp/recipes/

<アンケートの概要>
投票期間:2023年2月20日(月)~3月7日(火)
投票人数:272名
投票方法:人におすすめしたい商品を複数回答可で投票

<END>

関連記事

  1. 【Afternoon Tea】苺づくしアフタヌーンティーセットや「苺の贅沢ティーコース」など、いちごシーズン限定スイーツ&ティーを順次発売

  2. 農林水産省が「農業参入フェア2021」を開催。農業参入の法人と地域をマッチング

  3. マンネリ化しがちな野菜の食べ方を一刀両断! 野菜の魅力を最大限に引き出す“目からウロコ”のレシピ集『いつもと違う 野菜の食べ方』発売

  4. 新宿の京王百貨店で美味しいいちごコレクション

  5. 【夏野菜を天丼で】牡蠣だし醤油と生姜でさっぱり「漬け鰹のたたきと夏天丼」が江戸前天丼はま田に新登場!

  6. 銀座資生堂パーラーでプレミアイチゴのパフェ

  7. 【夜カフェ】レモン香るケーキとフルーツティーのペアリングセット「#夜だけスイーツ」が1月の金曜日限定で登場!

  8. 野菜を栽培して初めて知った!意外と知らない 野菜の畑でのシルエット

  9. 10年以上愛され続けるふわふわパンケーキが、初夏の装いに衣替え!