朝4時に収穫、すぐに店頭へ。いちやまマートの朝採れとうもろこしの出荷がスタート

夜明け前に収穫、超鮮度で味わう地産地消、産地直送のとうもろこしをご賞味下さい

株式会社いちやまマート

PRTIMES配信のリリース

リリースはコチラ

株式会社いちやまマート(本社:山梨県中央市 代表取締役:三科雅嗣)は、当日早朝に収穫したとうもろこしを店頭販売する「朝採れとうもろこし」の販売を開始しました。

いちやまマートでは、毎年6~9月頃の期間に「朝採れとうもろこし」を販売しています。

山梨県内の複数の農家と契約し、収穫時期に合わせて平地から山間部に向けてリレー販売を行います。現在の期間は、3軒の農家が手掛けた商品をお客様にお届けしています。

現在は、「ミルフィーユ」という品種を販売中。「ミルフィーユ」は山梨県甲府市のブランド認定制度「甲府之証」を取得した地元のブランド野菜です。これは、甲府市の恵まれた気候と風土、生産者の努力が育んだ逸品を認定する制度です。

黄色と白のミックスカラーで、大粒の実がギュッと詰まった大ぶりの品種。茹でる前はパールのような柔らかな色合いで、茹で揚げ後はビビッドな色合いに美しく変化します。かぶりつくとフルーツのような甘さとプチっと弾けるジューシーさが味わえます。

朝採れとうもろこしの収穫は、朝4時頃から始まります。

とうもろこしやトマトのような「果菜類」とカテゴライズされる野菜は、昼に葉に蓄えた養分を夜のうちに実に送ります。早朝に収穫することで、一番旨味の詰まった状態のまま流通させることが可能になります。

収穫後のとうもろこしは、トラックの荷台でそのまま検品作業に入ります。ひとつひとつ手作業で、虫食いがないかなど確認します。基準をクリアした商品は6時台にはいちやまマートの青果センターへ納品。順次店舗へ配送され、開店時間までに店頭に並びます。

夜明け前に収穫された、地産地消、産地直送のとうもろこしを超鮮度でご賞味下さい。

<生産者からの一言>

甲府市上今井町 とうもろこし生産者 内藤様

「このあたりは遅霜が見られるシーズンなので、霜対策をしないとすぐにとうもろこしが痛んでしまいます。

 人に布団をかけてあげるように、とうもろこしにも霜よけの資材をかけて、愛情をこめて育てています。」

  • 株式会社いちやまマート概要

会社名:株式会社いちやまマート

所在地:〒409-3803山梨県中央市若宮50-1

事業内容:

スーパーマーケットの運営 生鮮食品・一般食料品・菓子・日用家庭用雑貨・酒類などの販売。

いちやまマートホームページ:https://ichiyamamart.com/

いちやまマートInstagram:https://www.instagram.com/ichiyamamart/

いちやまマートTwitter:https://twitter.com/Ichiyamamart_PR

いちやまマートは、「健康的な食生活が幸せをもたらす」を理念に、山梨県・長野県に15店舗を展開するスーパーマーケットです。安心・安全な食品の提供はもちろん、美味しい商品、ワクワクする店内、いちやまマートの商品を囲んだ家族の笑顔、私たちはそんな喜びを実現するために日々取り組んでいます。

<END>

関連記事

  1. 熊本県産いちご「ゆうべに」「恋みのり」販売開始

  2. 【フードロス削減】流通過程で廃棄予定だったフルーツをOisixが自社で商品化「もったいない桃で作ったゴロッとももジャム」「シェフ監修!しっとりバナナチーズケーキ」販売開始(9/28〜)

  3. 【秋の味覚を豚汁で】まるでポタージュ?シルクスイート使用「石焼き芋豚汁定食」が期間限定で新登場!

  4. 「フルーティな天然みかん酵母」を使用した 無添加 ぬか床キット

  5. ありそうでなかった!!くだもの返礼品好きなくだものを現地で入手できる「ふくしまフルーツチケット」〜くだものは実際に自分の目で選ぶ派にオススメ〜

  6. 宇和島の清家修造の手作りママレード&ジャムの取り扱いを開始。地元のグリーンレモン・宮川早生みかん・イチジクを香り高く色鮮やかに仕上げます。

  7. お父さんへの想いをマンゴーの花束に込めて!カフェコムサの「父の日フェア」

  8. 東京都練馬区が独自アプリやマルシェで地元農産物をPR

  9. 果物感覚の宮崎の完熟金柑「たまたま」販売開始!