「野菜はどれでも野菜室で保存」と思っていませんか? SNSでフォロワー数60万人を超える大人気の野菜のプロ・青髪のテツが野菜の選び方・保存法・無駄なくおいしく食べるコツを教えます。

バズツイート連発で「野菜が長持ちする!」「料理がおいしくなる!」「節約できる!」と超話題! 青髪のテツさんが“野菜の妖精”となって困りごとを解決する『マンガでわかる やさいのトリセツ』を発売しました。

株式会社 学研ホールディングス

PRTIMES配信のリリース

リリースはコチラ

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 Gakken(東京・品川/代表取締役社長:五郎丸徹)は、書籍『マンガでわかる やさいのトリセツ』(著:青髪のテツ、マンガ:ムラセセラ)を2023年6月29日(木)に発売いたしました。

▲『マンガでわかる やさいのトリセツ』表紙▲『マンガでわかる やさいのトリセツ』表紙

  • 野菜の困りごと・悩みごとをマンガで楽しく読みながら解決!

突然ですが、野菜や果物について困っていること・悩んでいることはありませんか?

「おいしい野菜の見分け方がわからない……」
「買った野菜を冷蔵庫の野菜室に保管していたのに、すぐダメになった……」
「一度に使い切れず余った野菜の保存法が知りたい」
「白菜の切り口に黒い点々が……これって食べられるの?」
「子どもがピーマンを食べてくれない……」
「離乳食づくりのために冷凍保存したいんだけど、コツってあるの?」
「しなしなになった野菜、もったいないから捨てたくないけど復活させられる?」
「じゃがいもって、たくさんの品種があるけれど、違いがよくわからない……」
「野菜のアク抜きって本当に必要なの?」
「メロンとか、皮のかたい果物の食べごろって?」
「家庭菜園で採れた野菜を宅配便で送るときって、冷蔵便、普通便、どっちが正解?」

皆さんもどれか、身に覚えがあるのではないでしょうか?
本書は、こういった野菜や果物に関する疑問や困りごとを、一挙に解決します。マンガ+解説文という構成なので、気軽に楽しく読んでいるうちに、野菜と果物に関するさまざまな知識を身につけることができます。

▲「野菜だから保存は野菜室」と思っていたら……?▲「野菜だから保存は野菜室」と思っていたら……?

▲冷蔵庫でしわしわになったミニトマト……どうする?▲冷蔵庫でしわしわになったミニトマト……どうする?

  • 教えるのは「日本一有名なスーパーの店員」とも呼ばれる野菜のインフルエンサー

本書の著者・青髪のテツさんはスーパーマーケットの青果部で働く“スーパーの店員さん”です。さまざまな野菜・果物の仕入れ・販売を10年以上担当してきた経験を活かして、ブログやTwitterで消費者に役立つ情報を発信し始めたところ、「目からウロコ!」「節約できた!」などと話題になり、フォロワーが急増。今ではTwitterのフォロワー数が60万人を超える人気ぶりで(2023年6月現在)、「日本一有名なスーパーの店員」とも呼ばれています。
その青髪のテツさんが、本書では“野菜の妖精”となって、あるときはイケメン店員、またあるときは手のひらサイズの空飛ぶ子どもになり、各章の主人公たちの前にあらわれて、野菜や果物の困りごとを解決していきます。

▲バナナの価格の違いって、どんな理由?▲バナナの価格の違いって、どんな理由?

▲野菜の切り口が変色!? これって食べられる?▲野菜の切り口が変色!? これって食べられる?

▲マンガ各話の後には、解説文がつきます。▲マンガ各話の後には、解説文がつきます。

  • 本書のおもな内容

第1章 知っているようで知らない? 野菜の超キホン
・スーパーでの買い物。どこから回る?
・野菜室と冷蔵室の使い分け、ちゃんとできてる?
・どっちがおいしい? 野菜の正しい見分け方
・通年食べられるものでも「旬」って関係あるの?
・野菜はやっぱり近場で採れたものがいい?
(教わる人:結婚するまで実家暮らしだった新婚の料理ビギナー・せとか/20代)

第2章 子どもの好き嫌いを克服! 野菜をおいしく食べる方法
・子どもの苦手野菜、おいしく食べさせるには?
・野菜をおいしく冷凍保存する方法って?
・赤ちゃんのおやつにも人気! バナナのおいしい選び方
・野菜や果物の「食べごろ」はいつ?
・野菜が高い…! そんなときは「豆苗」!
(教わる人:子どもの野菜嫌いや家計のやりくりに悩む3歳児と0歳児のママ・ちなつ/30代)

第3章 野菜を無駄にしないために! 保存のコツと簡単レシピ
・ミニトマトがしわしわに…! これって食べられるの?
・「もやし」って、ついダメにしちゃうんです…
・冷蔵庫の残り野菜で簡単おつまみを作りたい!
・ブロッコリーのモサモサ、どうやって洗うの?
・使い切れずにあまったハーブ、どうしたらいい?
(教わる人:仕事はできるが私生活はルーズな独身ビジネスパーソン・はるか/40代)

第4章 覚えておきたい! 野菜はここまで食べられる!
・長ねぎの緑の部分、捨てちゃダメ!
・長いもがピンクに!? 食べてもOK?
・野菜の「アク抜き」は必要?
・新たまねぎ、新じゃがいも、新しょうが。「新」とつくものは何が違う?
・品種の多い野菜はどうやって使い分ける?
(教わる人:家事は分担制になっているけれど実態は……共働き夫婦・ともや&ゆら/ともに30代)

第5章 目ウロコ連発! 意外と知らない野菜の裏バナシ
・レタスを朝昼晩食べるのが日課ですが
・しょうがの皮はむく? むかない? 問題
・なんでもかんでも箱につめて送っちゃダメです
・実は「生で食べてもおいしい」野菜って?
・天然ものは絶対に「おいしい」?
(教わる人:料理上手で家庭菜園もやっているけれど、テレビの情報に振り回されがち・きよみ/50代)

巻末 もっと知りたい! 野菜&果物図鑑
・63種類の野菜と果物の「選び方のポイント」「保存のポイント」を紹介
・カバー裏面に「野菜&果物どこに保存する?早見表」付き

▲巻末には63種類の野菜・果物のことがわかる図鑑を掲載。▲巻末には63種類の野菜・果物のことがわかる図鑑を掲載。

▲カバー裏面は「野菜&果物をどこに保存する?早見表」。冷蔵庫に貼ると便利です!▲カバー裏面は「野菜&果物をどこに保存する?早見表」。冷蔵庫に貼ると便利です!

【著】

青髪のテツ(あおがみのてつ)
スーパーマーケットの青果部に10年以上勤務し、エリアマネージャーとしてさまざまな野菜や果物の仕入れ・販売を担当。その経験を活かして、ブログやTwitterで野菜や果物の保存法・選び方や、価格相場など、消費者に役立つ情報を発信し、「目からウロコ!」「節約できた!」と話題になる。「日本一有名なスーパーの店員」であるとともに、多数のフォロワーを抱える野菜のインフルエンサーとしても活躍している。
・Twitter:https://twitter.com/tetsublogorg
・ブログ:https://tetsublog.work/

【マンガ】

ムラセセラ
食べ歩きとカラオケが好きな漫画家。食べ物を描くのが大好き。一番好きな野菜はきゅうり。元美容師。アニメ・漫画が大好きな子ども時代を過ごし、その原体験と憧れから漫画家へ転向。『ときめきごはん』(少年画報社)などで執筆中。
・HP:https://murase.mystrikingly.com/
・Twitter:https://twitter.com/murase_sera

[商品概要]
書名:マンガでわかる やさいのトリセツ
副書名:野菜のプロが教える選び方・保存法・無駄なくおいしく食べるコツ
著者:青髪のテツ
マンガ:ムラセセラ
定価:1,650円(税込)
発売日:2023年6月29日(木)
判型/ページ数:四六判/オールカラー240ページ
電子版:あり
ISBN:9784058020753
発行所:株式会社 Gakken
学研出版サイト:https://hon.gakken.jp/book/2380207500

【本書のご購入はコチラ】
・Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/405802075X/
・楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/17489528/
・セブンネット https://7net.omni7.jp/detail/1107401489

<電子版>
・Kindle  https://www.amazon.co.jp/dp/B0C6X4MQK2/

<END>

関連記事

  1. パリッととろけるフルーツ飴専門店『りんご&』が宮崎市にオープン!

  2. あなたの大喜利が広告ポスターになる!からだに“うまい”食物繊維を。#お野菜大喜利 を募集!

  3. ごめんなさい、キレイに食べにくくて。ゴロッゴロッ!マッシュルームで豪快に秋を喰らう。Wマッシュルームチーズバーガー追加登場!

  4. 静岡でいちご、ミニトマト等のお試し就農募集

  5. 【RF1】兵庫県丹波篠山の「山の芋」サラダを限定販売

  6. 【村上農園×マックスバリュ西日本】TikTok動画使ってお店でレシピ提案!

  7. GREEN SPOONから野菜たっぷりの主菜シリーズ全16種が新登場!レンジ5分でチキンガパオや直火焼きハンバーグなどが完成

  8. 三浦半島の海風を受けた甘くてふわふわの”三浦キャベツ”を使った『神奈川三浦のキャベツを使ったハンバーグ トマトソース ロールキャベツ風』を神奈川県限定で 1 月 20 日(金)より先行発売スタート

  9. 生レモン×鶏だしスープが、鍋なのに超爽やか ぷるぷるジュレの『塩レモン鍋』