食べチョク、山梨県と2度目の連携を開始。山梨県の生産者の販路拡大や販売促進をサポート。

桃やシャインマスカットなど山梨の特産品をお得に購入できる消費拡大キャンペーンを期間限定で実施

(株)ビビッドガーデン/食べチョク

PRTIMES配信のリリース

リリースはコチラ

認知度・利用率など9つのNo.1(※1)を持つ日本最大の産直通販サイト「食べチョク」を運営する株式会社ビビッドガーデン(本社:東京都港区、代表取締役社長:秋元里奈)は、山梨県と連携し、圏域内の生産者の販路拡大および販売促進をサポートします。

2023年7月11日(火)より特設ページにて山梨県の生産者の紹介や食材の魅力発信を行います。さらに、特産品をお得に購入できるキャンペーンを期間限定で開始します。今が旬の山梨の桃をはじめ、シャインマスカットや富士の介などの特産品について、お客様が送料を負担することなく購入できます。

山梨県との連携事業は昨年に続き2度目となります。昨年実施した新たな販路形成から直販における出店・運用スキルの向上まで伴走型で支援していきます。

特設ページ:https://www.tabechoku.com/ulp/yamanashi/

  • 山梨県との連携事業について

■背景

山梨県は、日本一の日照時間(※2)や朝夕の気温差が著しい盆地特有の気候特性を活かした果樹栽培をはじめとした農水畜産物の生産が盛んな地域です。収穫量日本一のぶどうや梨(※3)などの果物だけでなく、とうもろこしやワインなど多様な特産品があります。

昨年度の連携では、シェフとコラボし山梨の食材を使った新メニューを東京・神奈川の店舗(レストランなど)で提供しました。

今回、さらなる販売促進強化に向けた支援として山梨県の生産者に対しオンライン出品に関する研修会や個別サポート、消費拡大キャンペーンなどを実施します。
過去の取り組みはこちら:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000182.000025043.html

■主な支援内容

(1)販促キャンペーンを2回実施

・1回目のキャンペーン

期間限定で山梨県の食材をお得に購入できるキャンペーンを実施します。

※キャンペーン期間中の送料について、お客様側の負担をなくします。

実施期間:2023年7月11日(火)~ 2024年2月29日(木)

※キャンペーン期間にかかわらず支援上限額に達し次第、終了いたします。

特設ページ:https://www.tabechoku.com/ulp/yamanashi/


2回目の販促キャンペーンについては、詳細が決まり次第特設ページにて発表いたします。

(2)出品・販売促進の研修会及び個別相談会

生産者向けに食べチョクでの出品や販売促進に関する研修会及び研修後の個別相談会を実施しました。

実施日時:2023年6月6日(火)開催済み

実施方法:オンライン

  • 食材紹介

食材販売ページ:https://www.tabechoku.com/groups/2753


■山梨のモモ

四方を山地に囲まれた山梨県は、緩やかな傾斜地が多く、モモの栽培に適した水はけの良い土壌環境が整っています。また、日照時間が長く降雨量が少ない山梨県産のモモは色づきが良く、とても甘いと消費者や市場のみなさまからも好評価です。

■山梨のブドウ

寒暖差の大きい盆地特有の気候がより美味しいシャインマスカットを生み出します。見た目の美しさと食味の良さから、誰からも愛されるブドウです。山梨のブドウの歴史は古く、一説によると鎌倉時代初期の約800年前から「甲州ブドウ」が栽培されていたと言われており、現在では数多くの高品質の品種が栽培されています。

  • 全国の自治体の皆様へ

食べチョクは、生産者の販路拡大のサポートをすることを目的として、全国様々な自治体と約80件の連携を行ってきました。

特設ページ:https://www.tabechoku.com/slp/government

■食べチョクと連携することでできること

自治体ごとの課題に応じた柔軟な連携が可能です。

・ECサイトを利用した農林水産物の販路拡大

・特産品のブランディング

・観光地やその他取り組みのPR

・物流拠点の構築による生産者の出荷作業の負荷軽減

・食や一次産業の体験を通じた根強いファンの獲得

■お問い合わせはこちら

食べチョクは持続的な第一次産業を目指し、自治体の皆様との連携を積極的に進めています。

以下詳細ページよりお気軽にお問い合わせください。

詳細ページ:https://www.tabechoku.com/slp/government


■自治体との取り組み事例

・2023.5:食べチョク、熊本市と2度目の連携を開始。熊本市及び連携中枢都市圏の生産者の販路拡大や販売促進をサポート。

URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000202.000025043.html

・2023.1:佐賀県と2度目の連携を開始。出品の現地サポートや販売後の梱包アドバイスなど伴走型で生産者の販路拡大を継続支援。

URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000202.000025043.html

・2022.8:「熊本市」と事業連携協定を締結。市内に物流拠点を設置し、生産者の出荷作業負荷を軽減。

URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000188.000025043.html

・2022.5:「山梨県」と連携。シェフとコラボし生産者の販路拡大をサポート。

URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000175.000025043.html

・2021.7:「新潟県」と連携し、販促施策の実施や出品サポートを実施。

URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000126.000025043.html

・2021.7:「愛媛県」と連携し、出品サポートを強化。

URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000125.000025043.html

・2020.8:「佐賀県」と連携し、佐賀県生産者の出品から売れるまでをサポート。

URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000057.000025043.html

・2020.12 :「兵庫県姫路市」と協働し、店頭で品定め・買うのはネットの「売らない店」を出店。

URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000080.000025043.html

・2020.1:「熊本県球磨郡錦町」と連携し、出品サポートを強化。

URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000083.000025043.html

  • 食べチョクについて

⾷べチョクは、こだわり⽣産者から直接⾷材や花きを購⼊できる産直通販サイトです。日本の産直通販サイトの中で認知度や利用率などの9つのNo.1(※1)を獲得しています。

野菜・果物をはじめ、米・⾁・⿂・飲料といった⾷材全般と、花き類を取り扱っており、消費者が生産者に食べた感想を伝えるなど直接やりとりできることが特徴です。

また、好みに合う⽣産者を選んでくれる野菜定期便「⾷べチョクコンシェルジュ」や旬の果物が届く定期便「⾷べチョクフルーツセレクト」なども提供。さらに、企業の福利厚生や販促キャンペーンに活用できる法人向けサービス「食べチョク for Business」も展開しています。

2023年7月時点でユーザー数は85万人、登録⽣産者数は8,700軒を突破し、5万点を超えるこだわりの逸品が出品されています。

・URL:https://www.tabechoku.com/

・公式Twitter:https://twitter.com/tabechoku

・公式Instagram:https://www.instagram.com/tabechoku/

・食べチョクのコンセプトやストーリーがわかるサービス紹介動画

(※1)国内の産直通販サイトの中で「お客様認知度」「お客様利用率」「お客様利用意向」「Webアクセス数」「SNSフォロワー数」「生産者数」「生産者認知度」「生産者利用率」「生産者利用意向」の9つでNo.1を獲得。

プレスリリースURL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000184.000025043.html

(※2)山梨県は日照時間(年間)が日本一。

山梨県HP:https://www.pref.yamanashi.jp/toukei/nippon_ichi.html

(※3)山梨県は桃やぶどうの収穫量が日本一。

山梨県HP:https://www.pref.yamanashi.jp/toukei/nippon_ichi.html

  • ビビッドガーデンについて

代表者:代表取締役社長 秋元里奈

本社所在地:東京都港区浜松町1丁目7番3号 第一ビル4F

設立日:2016年11月29日

事業内容:全国の生産者から食材や花などを直接購入できる産直通販サイト「食べチョク」の開発・運営

会社HP:https://vivid-garden.co.jp/

<END>

関連記事

  1. たんぱく質等の栄養素やカロリー別お雑煮ランキング!最も低カロリーなお雑煮は山口県の「かぶ雑煮」

  2. 〜オフィスで野菜を育て、食べる〜 インファームの「畑」をコクヨの東京品川オフィス「THE CAMPUS」に導入

  3. akippaが「農家支援」として農業体験参加者への駐車場貸し出しや野菜販売スペースの提供をおこなう実証実験を6月26日より開始!〜第一弾として大阪府八尾市の「河内物語 服部農園」と連携〜

  4. 【クイーンズ伊勢丹】瀬戸内産レモンを使用した「レモネードの素」

  5. 【ホットペッパーグルメ外食総研】定食の箸休めランキング1位は「ポテトサラダ」

  6. 「発芽仲間」の村上農園とファンケルがコラボ! スプラウトスムージーや豆苗ジェノベーゼなど7種類のスペシャルメニューを期間限定でご提供

  7. 2022年「トレンド鍋®」は “平成リバイバル鍋™”

  8. ノスタルジックにパフェ気分!「魅惑のさくらんぼ」と「贅沢メロン」のレトロなパフェが6/1(木)~期間限定で登場!連日満席スイーツビュッフェも新たな旬スイーツに。

  9. 食べチョク、夏の福袋特集を開設。旬の野菜セットや、キャンプやBBQにぴったりなお肉の詰め合わせなど、産直ならではの福袋が盛り沢山!