食べチョク、長野県中野市と2度目の連携を開始。市内の生産者の販路拡大や販売促進をサポート。

きのこ、ぶどう、りんごなど中野市の特産品をお得に購入できる消費拡大キャンペーンを期間限定で実施

(株)ビビッドガーデン/食べチョク
PRTIMES配信のリリース

リリースはコチラ

認知度・利用率など9つのNo.1(※1)を持つ日本最大の産直通販サイト「食べチョク」を運営する株式会社ビビッドガーデン(本社:東京都港区、代表取締役社長:秋元里奈)は、中野市と連携し、市内の生産者の販路拡大および販売促進をサポートします。

2023年8月22日(火)より特設ページにて中野市の生産者の紹介や食材の魅力発信を行います。さらに、特産品をお得に購入できるキャンペーンを期間限定で開始します。今が旬の桃をはじめ、ぶどう、りんご、きのこ、ぼたんこしょうなどの特産品について、お客様が送料を負担することなく購入できます。

中野市との連携事業は昨年に続き2度目となります。昨年は新たな販路形成から直販における出店・運用スキルの向上まで伴走型で支援しました。加えて、今年度は販売支援を中心に行います。

特設ページ:https://www.tabechoku.com/ulp/nagano-nakano/

  • 中野市との連携事業について

■背景

日本の原風景が広がる中野市は、懐かしい自然を残しつつ、常に時代に先駆けて新しい美味しさに挑戦する農業の先進地です。リンゴやブドウが作られ始めたのは明治中頃、シャインマスカットも全国に先駆けて産地化に取り組みました。また、中野市におけるエノキタケ生産の歴史は冬の副業から始まり、現在は生産量全国一位(※2)となり全体の約40%(※3)を占めています。

昨年度の連携では、商品の魅力が伝わる写真撮影やお客様目線の梱包アドバイス、商品作りをテーマにしたワークショップなど、出品運用に関わる支援を実施しました。

今回、更なる販売促進強化に向けた支援として、中野市の食材を送料無料で購入できる消費拡大キャンペーンを実施します。

■主な支援内容

(1)食べチョクサイト内に特設ページを開設

中野市の出品生産者および特産品を紹介する特設ページを開設します。

特設ページ:https://www.tabechoku.com/ulp/nagano-nakano/

(2)消費拡大キャンペーンを実施

期間限定で中野市の食材を送料無料で購入できるキャンペーンを実施します。

実施期間:2023年8月22日(火)~2023年2月29日(木)

※実施期間にかかわらず、購入状況に応じてキャンペーンを終了する可能性があります。

※詳細は特設ページをご覧ください。

  • 湯本中野市長からのコメント

中野市は、昼夜の寒暖差が大きく降水量が全国平均よりも少ないため果樹栽培にとても適した気候です。ぶどうや桃、りんご、プラム、さくらんぼなどを主体に果樹の栽培が盛んで、全国有数の品質と生産量を誇る農産物の宝庫です。

「食べチョク」を通して、全国の皆さんに「信州なかのブランド」の逸品をお楽しみいただけますと幸いです。

  • 中野市魅力発信VTuber「信州なかのちゃん」の紹介

中野市の公認VTuberとして、YouTubeやSNSで中野市の魅力を全国に発信しています。

<プロフィール>

中野市の巡り逢いの丘にある「月の兎」の形をした自然石「巡り逢いの巨石」の化身。

大好きな中野市をもっと大勢の人に知ってほしい、巡り逢う人々に中野市の魅力を伝えたいとの思いが人型となって現れた。

・年齢/「巡り逢いの巨石」と同じ

・身長/160センチ(中野市の世帯数で増減)

・体重/石なので見た目より重い

<YouTube(信州なかの魅力発信Lab)>

チャンネルURL:https://www.youtube.com/@lab8873

  • 株式会社ビビッドガーデン 代表秋元からのコメント

「食べチョク」は私の実家の農業が廃業した経験がきっかけとなり、生産者のこだわりが正当に評価される世界を目指して立ち上げたサービスです。ネットでの販売が不慣れな生産者の方々もいらっしゃることから、昨年度は出品運用の支援を中心に提供させていただきました。今年度はさらに販促面での支援を強化し、より力強いサポートが提供できることを心から嬉しく思っています。中野市は、肥えた土壌と水の恵みが豊かで、果物、きのこ、野菜、花きなどの農業が盛んな地域として知られています。今回の取り組みを通して中野市の魅力ある農水産物を全国に向けて発信し、中野市の生産者さんに沢山のファンがつく状態を目指して参ります。

  • 食材紹介

中野市の食材販売ページ:https://www.tabechoku.com/groups/2919

■きのこ

中野市はきのこのふるさと。早くからきのこ栽培に取り組み、こだわりの美味しさを追求してきました。ぶなしめじ・エリンギ・なめこ・バイリングなど種類も豊富で、えのきたけ生産量は日本一を誇ります。

■ぶどう

「シャインマスカット」「ナガノパープル」「クイーンルージュ®」は種が無く、皮ごと食べられる色違いのぶどう3品種で「ぶどう三姉妹®」と呼ばれています。中野市では、3品種の他に「巨峰」も栽培しており、濃厚な味わいでおいしいぶどうを生産しています。

■りんご

長野県のオリジナル品種には、中野市生まれの秋映(あきばえ)や、シナノスイート、シナノゴールドがあり「りんご三兄弟」と呼ばれとても人気があるほか、主力の「ふじ」は色、味ともに抜群です。

  • 全国の自治体の皆様へ

食べチョクは、生産者の販路拡大のサポートをすることを目的として、全国様々な自治体と約90件の連携を行ってきました。

特設ページ:https://www.tabechoku.com/slp/government

■食べチョクと連携することでできること

自治体ごとの課題に応じた柔軟な連携が可能です。

・ECサイトを利用した農林水産物の販路拡大

・特産品のブランディング

・観光地やその他取り組みのPR

・物流拠点の構築による生産者の出荷作業の負荷軽減

・食や一次産業の体験を通じた根強いファンの獲得

■お問い合わせはこちら

食べチョクは持続的な第一次産業を目指し、自治体の皆様との連携を積極的に進めています。

以下詳細ページよりお気軽にお問い合わせください。

詳細ページ:https://www.tabechoku.com/slp/government

■自治体との取り組み事例

・2023.7:食べチョク、山梨県と2度目の連携を開始。山梨県の生産者の販路拡大や販売促進をサポート。

URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000225.000025043.html

・2023.5:食べチョク、熊本市と2度目の連携を開始。熊本市及び連携中枢都市圏の生産者の販路拡大や販売促進をサポート。

URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000202.000025043.html

・2023.1:佐賀県と2度目の連携を開始。出品の現地サポートや販売後の梱包アドバイスなど伴走型で生産者の販路拡大を継続支援。

URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000202.000025043.html

・2022.8:「熊本市」と事業連携協定を締結。市内に物流拠点を設置し、生産者の出荷作業負荷を軽減。

URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000188.000025043.html

・2022.5:「中野市」と連携。シェフとコラボし生産者の販路拡大をサポート。

URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000175.000025043.html

・2021.7:「新潟県」と連携し、販促施策の実施や出品サポートを実施。

URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000126.000025043.html

・2021.7:「愛媛県」と連携し、出品サポートを強化。

URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000125.000025043.html

・2020.8:「佐賀県」と連携し、佐賀県生産者の出品から売れるまでをサポート。

URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000057.000025043.html

・2020.12 :「兵庫県姫路市」と協働し、店頭で品定め・買うのはネットの「売らない店」を出店。

URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000080.000025043.html

・2020.1:「熊本県球磨郡錦町」と連携し、出品サポートを強化。

URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000083.000025043.html

  • 食べチョクについて

⾷べチョクは、こだわり⽣産者から直接⾷材や花きを購⼊できる産直通販サイトです。日本の産直通販サイトの中で認知度や利用率などの9つのNo.1(※1)を獲得しています。

野菜・果物をはじめ、米・⾁・⿂・飲料といった⾷材全般と、花き類を取り扱っており、消費者が生産者に食べた感想を伝えるなど直接やりとりできることが特徴です。

また、好みに合う⽣産者を選んでくれる野菜定期便「⾷べチョクコンシェルジュ」や旬の果物が届く定期便「⾷べチョクフルーツセレクト」なども提供。さらに、企業の福利厚生や販促キャンペーンに活用できる法人向けサービス「食べチョク for Business」も展開しています。

2023年8月時点でユーザー数は90万人、登録⽣産者数は8,800軒を突破し、6万点を超えるこだわりの逸品が出品されています。

・URL:https://www.tabechoku.com/

・公式Twitter:https://twitter.com/tabechoku

・公式Instagram:https://www.instagram.com/tabechoku/

・食べチョクのコンセプトやストーリーがわかるサービス紹介動画

(※1)国内の産直通販サイトの中で「お客様認知度」「お客様利用率」「お客様利用意向」「Webアクセス数」「SNSフォロワー数」「生産者数」「生産者認知度」「生産者利用率」「生産者利用意向」の9つでNo.1を獲得。

プレスリリースURL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000184.000025043.html

(※2)参照元:「中野市公式HP」https://www.city.nakano.nagano.jp/urenou/2014012800341/

(※3)参照元:「広報なかの 2018年11月号」https://www.city.nakano.nagano.jp/docs/2018120400059/file_contents/11b.pdf

  • ビビッドガーデンについて

代表者:代表取締役社長 秋元里奈

本社所在地:東京都港区浜松町1丁目7番3号 第一ビル4F

設立日:2016年11月29日

事業内容:全国の生産者から食材や花などを直接購入できる産直通販サイト「食べチョク」の開発・運営

会社HP:https://vivid-garden.co.jp/

<END>

関連記事

  1. 【三浦大輝著】『渋谷の八百屋発[食農ビジネス]革命』

  2. 10月10日はポテトサラダの日

  3. 『野菜の力を引き出す! カノウユミコの この野菜でどど~んと一品レシピ』

  4. 好評につきゼスプリ「#キウイのうれしいかけ算」キャンペーン第2弾を実施!おいしい組み合わせを見つけてSNSやクックパッドに投稿しよう!

  5. 今が旬!愛媛県中山栗!【農協ご担当者より情報いただきました!】

  6. スーパーフードランキング1位「青パパイア」イベント開催

  7. もう迷わなくて大丈夫!フルーツ好きのための定期宅配サービス、市場の目利きと選び抜いた『旬を楽しむフルーツ便』誕生。毎月第4週に届きます

  8. 育てて食べれる!エスビー食品の「育てる」ハーブ!新発売

  9. 【冬季限り】因島のオリジナル葉物野菜「しまなみリーフ」が今年も11月1日より販売開始!