今年の冬は家でホワイトアスパラ作って食べよう!

どんなお話?

昨年は3ヶ月で1000個が完売した人気商品。ホワイトアスパラ手作り栽培キット。

岩手県の株式会社馬場園芸が2021年10月11日に販売受付を開始しています。

ニュースリリースはこちら

ホワイトアスパラ。高級そうな食材ですよね。こちらのキットは届いて3週間で収穫できる日本初の手作り栽培キット。それこそどうやって育てるの?って話ですがアスパラの株、培土、鉢、専用の遮光袋が同梱されており、家に届いて組み立てたら週に1回水やりをするだけで自宅で生育が出来るってことなんですね。週1回で良いのか!!

そして量としては多くなるこの培土ですが都内でも処分に困らないように天然素材で出来ているので燃えるゴミに出すことが出来るという優しい設計・・・!!普段見ることのできないアスパラの根っこが見ることが出来るという醍醐味もあります。

以下、引用です。

ホワイトアスパラ手作り栽培キット開発の背景

「畑でしか感じることのできないとれたての感動を届けたい」

農場見学に来た方が一番衝撃を受けるのは、畑でとれたてのホワイトアスパラを生で、食べたとき。
ホワイトアスパラが一番美味しいのは、収穫してすぐです。
アスパラは呼吸により体内のエネルギー(糖)を消費します。一般的に販売されているアスパラは流通段階で鮮度が落ちてしまいます。
畑でしか味わうことのできないとれたての感動を、自宅でも味わっていただきたいという想いで開発いたしました。

また、普段土や野菜に触れることのない子供達が、自分で土に触れて、アスパラを植え、育てる、そういう過程を自ら体験することで、育てる楽しみ、収穫の喜び、食べた時の感動を感じて欲しいと思っています。

こんな方におすすめの商品です
・在宅の時間が増え、子供と過ごす時間を充実させたい
・冬休みの自由研究を探している
・子供に農業体験をさせたと思っている
・ヨーロッパ旅行で食べたホワイトアスパラの味が忘れられない

【ホワイトアスパラとは】
ホワイトアスパラガスは、ドイツでは春を告げる野菜として知られ、ヨーロッパではグリーンアスパラガスよりも消費量が3倍多い野菜です。
ホワイトアスパラガスは、日本では缶詰のイメージが強い野菜です。
生のホワイトアスパラガスも流通していますが、量が少ないため、なかなか出会うことが難しい野菜です。
生のホワイトアスパラガスはみずみずしく、甘く山菜のようなほんのりとしたほろ苦さがあります。
グリーンアスパラガスのような青臭さがなく、まるでとうもろこしのような味わいです。
美味しい食べ方は、グリルやフライパンでじっくりと焼き、塩とオリーブオイルをかけお召し上がりください。

【ホワイトアスパラ手作り栽培キットの商品概要】
内容:ホワイトアスパラ手作り栽培キット (10~12本収穫可能/100g~150g)
・アスパラ大株 1~2株
・ポリポット 1個
・ホワイトアスパラ専用培土
・遮光袋
・説明書
※マンションの室内など、日光が当たらない場所でも栽培が可能です。
価格:3,800円(税込)
販売サイト:https://shop.sannimon.com/view/item/000000000033

編集部より

こちらのキットを販売されている岩手の馬場園芸さんは糖度6〜8度にもなるホワイトアスパラガス「白い果実」を作っているプロ中のプロ農家!そちらの栽培キットなのでうまく行けば旨いものが収穫できます。とは言えなかなかアスパラ畑にも行けないわけで、リリースにもあるように採れたての美味しさで衝撃を受けたい人はお試し下さい。採ってすぐ焼いて食べる!みたいな感じですね。

関連記事

  1. 夏を彩る濃密カクテルで南国気分をお届け!世界チャンピオンが手掛ける旬の果実をとことん味わう一杯

  2. “夏にこそ食べたい火鍋”“きのこをたくさん食べられる料理”を完全オリジナルで鍋ごと開発した裏の山の木の子「薬膳 きのこサムギョプサル」6月22日~夏季限定で提供開始

  3. 渥美半島名産のマスクメロンが食べ放題!休暇村伊良湖、「メロン食べ放題&収穫体験」付き宿泊プランを7月1日より提供開始

  4. 湖池屋×Creema “じゃがいも心地”をテーマにしたオリジナルハンドメイド作品をプレゼント!

  5. 2022年の青果卸売市場カレンダーまとめ

  6. 北海道の“旬の幸”を提供する直営ECサイト『産地直送センター』“北海道産レア食材企画” を展開!

  7. 生産者支援で規格外キャベツ6,000kgの食品ロス削減 “Jソースで食べる絶品お好み焼材料セット&キャベツもりもりプレゼントキャンペーン”

  8. 横浜高島屋「東北旅行を満喫 東北駅弁まつり」

  9. 果汁工房果琳ほか全188店舗でサンリオキャラクターコラボ企画