10月13日はさつまいもの日。行方市産の紅はるかを特別価格で販売!

どんなお話?

茨城県行方市。令和元年度市町村別産出額(いも類)全国第4位のさつまいも産出額を誇り、平成29年度にはJAなめがたしおさい甘藷
部会連絡会が第56回農林水産祭で最高位の天皇杯を受賞している「さつまいも王国なめがた」。まさに質も量も全国トップクラスと言えます。

そんな行方市が独自のECサイト「なめがたさんちの特選マルシェ」にて10月13日限定で紅はるかを特別価格で販売することになりました。

 

詳しい発表内容はこちら

【10月13日(さつまいもの日)キャンペーン】

1 期間
10月13日(水) 午前10時13分から午後11時59分まで
(必ず上記の期間内に商品の購入処理をしてください。 ただし、 上限に達し次第終了となります。 )
2 内容
行方市産さつまいも(紅はるか)
※掘りたてのものを不揃い、 土付きで販売します。

3kg箱   750円 送料500円  販売価格 1,250円
5kg箱   995円 送料500円  販売価格 1,495円
7kg箱  1,340円 送料750円  販売価格 2,090円
10kg箱  1,810円 送料750円  販売価格 2,560円
※各商品共、 100セット限定です。
3 販売場所
なめがたさんちの特選マルシェ

 

販売しているのはこちら

編集部より

そもそも論で10月13日が「さつまいもの日」ということを知りませんでした。これは1987年に「川越いも友の会」によって制定されました。由来としては「栗よりうまい」。

「栗(九里)+より(四里)=十三里」 これで13日。

さつまいもの時期として10月。

これで10月13日。

始めは栗(九里)には及ばないというとで八里半という異名があったそうですが、いつのまにか栗を超えてました。正直、、、栗は栗で美味しいのでもうちょっと別の決め方をしても良いんじゃないかと思ってます。

それはそれとして今回掘りたての全国トップクラスの紅はるかが5kgで送料込み1500円で買えるのであればかなりお買い得ですね。この機会にぜひ。

関連記事

  1. 五月病対策に、“梅”や“香草”を食べよう 初夏限定サラダで心身リフレッシュ!疲労回復に期待大

  2. ご縁を頂いた生産者様の「こだわり」「想い」を伝える商品通販サイト「つながる」を1月11日(水)に開設!

  3. フルーツのテーマパークから三ケ日みかんを使用した「飲みやすさ」を追求したみかんワインが誕生

  4. ローソンストア100、4月も新鮮青果市を開催!

  5. 青森を代表するブランド!「野辺地葉つきこかぶ」が産地直送通販サイト「JAタウン」で販売開始!

  6. 2022年「トレンド鍋®」は “平成リバイバル鍋™”

  7. 江戸東京野菜「品川カブ」品評会

  8. 都市農業PRイベント「『農』との出会い in 池袋」

  9. 【コロプラ】オフィスでバナナが食べ放題「無限バナナ」の運用を開始