「国際果実野菜年2021」おすすめレシピ発表!

どんなお話?

国連で採択された「国際果実野菜年2021」の取組の一環で農林水産省が募集した果物や野菜の美味しい食べ方。

全国から259品の応募が有り、審査の結果、特に優れたレシピ21品が下記の通り発表されました!

ニュースリリースはこちら

 

編集部より

1日摂取量は厚生労働省が目標とする野菜350g、果物200gに対して不足していると言われています。また現在の日本人口がどんどん増えていれば消費は増えることになるのですがそうでもありません。

となる野菜や果物の消費が減り、、、供給過剰になって、、、となってしまうのかもしれません。

ただムリクリ食べましょうと行っても難しい話。美味しいから食べるんです。しかも家で作ることによりできたての美味しさ。この農水省の企画は特に大手レシピサイトとコラボしてないのでたくさんの方に知ってもらいたいと思います。それぞれのレシピに監修者のコメントも付いてますのでリンク先の農水省特設サイトをご覧ください。

関連記事

  1. お待たせしました!「パクチー6倍盛り」パクチニストからの熱いリクエストにより、ついに追加登場!乗りきらない程の爆盛国産パクチーがインパクト大のクセスゴバーガー

  2. 産地イメージ調査「ねぎと言えば群馬県」が1位!

  3. 野菜ソムリエの資格を持つ料理長が考案!前菜からデザートまで野菜だけで楽しむフレンチテイストのフルコース 「東京野菜が主役の “ベジフルコース”」第四弾 ~小田急ホテルセンチュリーサザンタワー~

  4. ゴロゴロ、シュワシュワ、ゴクゴク、ザクザク。ひんやり果実の、新感覚グランデサイズ・デザートドリンク!フローズンフルーツソーダ(グレープフルーツレモネード・キウイレモネードの2種類登場)

  5. 静岡県産キウイフルーツ「レインボーレッド」が産直通販開始!

  6. 【イチゴ狩り】6割以上が経験あり! 裏技やこだわりを聞いてみた

  7. 【さつまいも】熟成炭火焼き蜜芋テリーヌショコラ

  8. 静岡でいちご、ミニトマト等のお試し就農募集

  9. お笑い芸人界で話題!?のパワー系新CM第3弾がついに完成。なかやまきんに君からダイショー社員へ渾身の「どっちなんだい!?」ギャグで迫る!2022年4⽉6⽇(水)より公開!