「国際果実野菜年2021」おすすめレシピ発表!

どんなお話?

国連で採択された「国際果実野菜年2021」の取組の一環で農林水産省が募集した果物や野菜の美味しい食べ方。

全国から259品の応募が有り、審査の結果、特に優れたレシピ21品が下記の通り発表されました!

ニュースリリースはこちら

 

編集部より

1日摂取量は厚生労働省が目標とする野菜350g、果物200gに対して不足していると言われています。また現在の日本人口がどんどん増えていれば消費は増えることになるのですがそうでもありません。

となる野菜や果物の消費が減り、、、供給過剰になって、、、となってしまうのかもしれません。

ただムリクリ食べましょうと行っても難しい話。美味しいから食べるんです。しかも家で作ることによりできたての美味しさ。この農水省の企画は特に大手レシピサイトとコラボしてないのでたくさんの方に知ってもらいたいと思います。それぞれのレシピに監修者のコメントも付いてますのでリンク先の農水省特設サイトをご覧ください。

関連記事

  1. 【新発売】かぼちゃ・にんじん・しょうがも入ってる!?温めても美味しい!免疫力をupさせるあまさけスムージー『warm up yellow』10/22(土)発売開始のお知らせ

  2. 「Lápiz Private」から廃棄野菜から生まれた絵の具がtells marketに登場

  3. 東京有明にて「発見!ふくしま」キャンペーンがスタート

  4. 「日本さつまいもサミット」が2月に開催!

  5. 「ギョーザ」発売50周年 「ギョーザ」で食を学ぶ教育番組「ギョー育TV」始動「ギョーザ」と“同い年”で50歳の錦鯉 長谷川雅紀さんと、相方 渡辺隆さんコンビで出演!

  6. <Qoo10「柑橘類」販売数ランキング>味は抜群!お得な愛媛県産みかんが人気

  7. 西宇和みかん初競り。150万円!!

  8. 食べチョク、シャインマスカットの次に流行るぶどうを決める「食べチョクG-1 Grapeダービー」を開催!

  9. 新潟県産「ル・レクチエ」がJAタウンで販売開始!