一次産業専門の総合求人サイト『マイナビ農林水産ジョブアス』スタート

どんなお話?

株式会社マイナビは10月20日(水)から一次産業に特化した総合求人サイト『マイナビ農林水産ジョブアス』(https://jobearth.mynavi.jp/)を開始しました。

詳しい発表内容はこちら

以下プレスリリースより引用いたします

【サービス開始の背景】
現在、一次産業(農業・林業・水産業)の就業人口は年々減少しており、全産業のうち一次産業に就業する人の割合はわずか2.2%(※1)で、人手不足の問題が深刻化しています。一方で、コロナ禍で就農に興味を持つ人は増えており、当社が提供する農家と農業をやりたい人をつなぐマッチングアプリ『農mers』(ノウマーズ)の登録者は1年で約10倍に増加(※2)しました。
このような状況から、「一次産業で働くことが特別ではない未来の実現」をビジョンに掲げ、一次産業未経験者やIT業界などの他業種で働く人が「一次産業に転職する」という選択肢が見つかる求人サイトとして、『マイナビ農林水産ジョブアス』を本日より開始します。本サイトを通じて、一次産業の人手不足解消に寄与し、産業を支える力を増やすことを目指します。
※1:総務省「労働力調査」
※2:2020年1月と2021年1月の「農業をやってみたい登録ユーザー数」を比較

【『マイナビ農林水産ジョブアス』概要】
『マイナビ農林水産ジョブアス』は、一次産業に携わる企業・団体等の情報に特化した総合求人サイトです。求職者の方は、無料で利用することができ、興味のある求人に直接応募して企業や団体等とやり取りを行います。一次産業で働いた経験のある方はもちろん、業界未経験の方でも安心してチャレンジできる求人を、エリアは北海道から九州・沖縄の全国各地、業種は農業・林業・水産業・自治体など幅広く取り揃えております。

編集部より

産地の商品紹介を聞くと後継者不足のため昨年対比で出荷量減少というフレーズを良く聞きます。人手不足によって産地が先細りしてしまう。せっかくいい品を作っていても収量が減ってしまえば配送に載せらないとともに、ビジネスとしては成り立ちません。やっぱりいい人たちがたくさん集まって盛り上げていかなくてはならないですよね。

先日幕張メッセで行われた農業Weekではドローンの展示が多く農業のDX化が一つのキーワードになっていました。これからはそういった新しい技術を使って大きな組織力で生産と出荷を回していく農業法人も増えてくると思われます。転職希望者に取ってはそういった企業を見つけるきっかけにもなるサイトですね。ちょうど人気の検索タグでは「スマート農業」というのもありました。特に求人をしていない農家さんにおかれても他社がどのような取り組みをしているのかチェックする上で面白いサイトだと思います。

関連記事

  1. 福島県産トマトを使用した限定商品を県内の店舗で販売『モスの産直野菜フェスタ』福島県にて開催!

  2. 【らでぃっしゅぼーや】家計と生産者を支える、旬野菜のサブスクサービス「めぐる野菜箱」畑応援プラスコース販売開始

  3. 【大人シャインマスカット・こどもシャインマスカット】黄色く完熟したシャインマスカットを数量限定販売【糖度20度以上保証】

  4. 【新宿伊勢丹催事】無添加にこだわったいちご大福

  5. 旬の野菜が1年間週替わりで届く 家計にも環境にもエコなセット「予約・あっぱれはればれ育ち野菜おまかせ4点セット」開始から3年目を迎え、取り組み地域を拡大!

  6. 【MUSHROOM TOKYO】『秋の味覚』と国産マッシュルーム尽くしの11月限定コースメニューをご紹介!さらに『マッシュルームデリボックス(Xmas&おせち)』もまもなく数量限定販売開始♪(要予約)

  7. 【東京ガス主催】届いた新鮮野菜で楽しめるオンライン料理教室

  8. シャキシャキ、もっちり、食感いろいろ。「れんこん」を使ったサラダを期間限定販売

  9. マッシュルーム料理専門店「マッシュルームトーキョー」の1~2月スペシャルコース予約開始