「食から日本を考える。NIPPON FOOD SHIFT FES.」を開催!

どんなお話?

ニッポンフードシフト推進パートナーのみんなの青果です。

この度、10月29日(金曜日)・30日(土曜日)の2日間、六本木ヒルズアリーナにて、農林漁業者・食品事業者および消費者が、日本の食がかかえる課題や目指す未来について、ともに考えるきっかけとなるイベント「食から日本を考える。NIPPON FOOD SHIFT FES.」を開催されることになりました。

公式サイトはこちら

以下、開催概要からの引用です。

「食から日本を考える。NIPPON FOOD SHIFT FES.」開催概要

■開催期間:10月29日(金)11:00〜19:00、30日(土)10:00〜18:00
■開催場所:六本木ヒルズアリーナ(〒106-0032 東京都港区六本木6−9−1)

【トークセッション】

ステージでは以下のトークセッションを行います。 ライブ配信を行いますので、視聴については以下よりご確認ください。 https://nippon-food-shift.maff.go.jp/fes/

1.食から日本を考える。NIPPON FOOD SHIFT FES. キックオフトーク
さまざまな世代の出演者とともに、日本の「食」の現状や、さまざまな努力やアイデアで実現して いる「フードシフト」の取組事例を一緒に知りながら、これからの「食」のあり方についてトーク セッション。
■日時:10月29日(金)11:00〜12:00
■出演者:山里亮太氏(南海キャンディーズ)/お笑いタレント 東菜摘氏/Z世代タレント 井上能考氏/株式会社ファーマン 代表取締役 東海林園子氏/オイシックス・ラ・大地株式会社 経営企画本部グリーンプロジェクト責任者 青山豊久/農林水産省 技術総括審議官兼技術会議事務局長

2.食の文化と木の文化
「食から日本を考える。」をテーマに、今の暮らしと食文化を、木の文化の視点から語るステージで す。「食」と「木」の関係を知ると、食がもっと楽しくなり、木や森への親しみが深まります。
■開催日時:10月29日(金)13:00〜13:30
■出演者:高橋義則氏/(株)ユニバーサルデザイン総合研究所 代表取締役社長 戸村亜紀氏/クリエイティブディレクター 五十嵐あゆみ氏/(株)土佐龍 General Forestry Arranger 協力:ウッドデザイン賞運営事務局・木育全国生産者協議会

3.もぐもぐファームラボ
-Z世代のZ世代によるZ世代のためだけじゃない新プロジェクトZ世代が様々な視点から「食」を考え、伝えます!第一部では伝統的な郷土料理から得意なメディ アを使ったアイデア、自分にとってのウェルビーングとは?など幅広いジャンルについて、長野県辰 野町でのフィールドワークを通して学んだことを発表します。第二部では、京都芸術大学の学生とも ぐもぐファームラボの参加者によるクロストークを実施します。
【第1部】辰野町プロジェクトプレゼンテーション
■開催日時:10月29日(金)14:00〜16:00
■出演者:もぐもぐファームラボ参加者
【第2部】京都芸術大学 賞味期限2050 クロストーク
■開催日時:10月29日(金)17:00〜17:30
■出演者:京都芸術大学生、もぐもぐファームラボ参加者

4.大学生がJA全中の会長に直接聞いてみた
様々な日本の「フードシフト」の現場を訪れ、「フード シフト」を生み出している生産者たちに出会い、話し、農 業を体験してきた大学生たちが、JA全中会長に直接意見を ぶつけるトークセッションを実施。
■開催日時:10月30日(土)11:00〜12:00
■出演者:中家徹氏/全国農業協同組合中央会代表理事会長
農業体験を行った大学生
川瀬良子氏/タレント

5.大学生が日本の農を体験してきました!
農業の現場を訪れ、生産者と出会い、話し、農業を体験した大学生たちが、感じたことや気づいた ことを発表するトークセッション。
■開催日時:10月30日(土)12:30〜15:40
■出演者:農業体験を行った大学生
川瀬良子氏/タレント

【展示・体験ブース】

※開催日時はイベント開催時間に準じます

1.賞味期限2050 食とデザイン展 @六本木
食料問題と向き合い、未来を見据えて課題意識とこれからどう行動すべきかを考えるきっかけをつ くることをコンセプトに京都芸術大学情報デザイン学科の学生が今夏開催した「食とデザイン展 2021」の作品の一部を展示します。

2.大型トラクターの展示 最大170馬力の大型トラクター「M7シリーズ」を会場に展示します。
協力:株式会社クボタ

3.農林水産省関連ブース
■選ぶ、食べる、サステナブル展〜見た目重視から持続性重視へ〜 (大臣官房 環境バイオマス政策課)
■農業女子とつながろう!〜農業女子PJマルシェ〜 (経営局 就農・女性課女性活躍推進室)
■「農業」と「福祉」がつながって日本を元気に!〜みんなで耕そう〜ノウフク・プロジェクト (農村振興局 都市農村交流課農福連携推進室)
■食卓とつながる森の恵み〜テーブルの上のウッド・チェンジ〜 (林野庁 経営課特用林産対策室・木材利用課、特定営利活動法人活木活木森ネットワーク)
■「さかな」をもっと知ろう!国産水産物流通促進センター (水産庁、国産水産物流通促進センター)
他有機農業やスマート農業、日本茶の振興、食育、農村政策に関する展示等を予定しています。 その他、ドローンの展示やAIによる家庭菜園の診断を体験できるブースなど様々なコンテンツを予定 しています。

【マーケット】

1.NIPPON FOOD SHIFT マルシェ 収穫の秋、さまざまな「フードシフト」を実践する生産者が、 自慢の逸品とともに、六本木ヒルズに大集合。 にぎやかなマルシェに集まった生産者たちと顔を合わせて、 直接お話をしながら、フレッシュな旬の農産物、加工品と出会 い、お買い物を楽しめる場を展開します。
■開催日時:10月29日(金)11:00〜19:00 10月30日(土)10:00〜18:00

2.ニッポンフードシフト弁当 ミシュランガイド掲載店シェフが日本の産品によるオリジナル弁当を開発!
本イベント会場内で限定販売します。
■開催日時: 10月29日(金)11:00〜19:00 10月30日(土)10:00〜18:00 ※なくなり次第終了
■弁当メニュー: ローストビーフ丼/La Paix 松本 一平シェフ 桜エビとセリのリゾピラフ〜香草パン粉添え〜/アロマフレスカ 原田 慎次シェフ パエリア重〜豪華2種海の幸〜/ZURRIOLA 本多 誠一シェフ

編集部より

このサイトを訪れる方は野菜を初めとする職に関心のある方、実際農業や食に携わっている方が多いと思うので日本の食を今後どうしていくべきかには一家言あるのではないかと思います。ただあまり関心がなかったり、普段考える機会がなかなか無い方もたくさんいらっしゃるのも事実。こういったイベントを通じて日本の食に対しての関心が高まるのは非常に意義があることですね!週末の六本木ヒルズ、行けたら取材に行ってみます!

関連記事

  1. 【村上農園×マックスバリュ西日本】TikTok動画使ってお店でレシピ提案!

  2. スーパーフードランキング1位「青パパイア」イベント開催

  3. 佐賀県のブランドいちご5種が味わえるイベントをマルイファミリー溝口で開催 全品種が楽しめる食べ比べカップも販売、県産食材の魅力を伝え関係人口の創出を目指す

  4. サラダショップの最新情報!毎年大人気の季節限定コールスローサラダやワインによく合う大人のおつまみサラダが登場

  5. 【ウェスティンホテル仙台】鮮やかな野菜とフルーツで、収穫の秋を味わうヴィーガンコース「LOVEBOTANICAL(ラブボタニカル)!~Autumn(オータム)~」発売

  6. この冬一人鍋を存分に味わう「しゃぶしゃぶれたす」と大分県が”健康”をテーマにコラボ。大分県産の新鮮野菜を気軽に、美味しく摂取できるキャンペーンを11月15日(火)から全店舗で開催。

  7. 会員登録不要で業務用野菜をお試し仕入れ「ベジクルLite」

  8. 生鮮食品ECのクックパッドマート、まとめ買いオススメセットをユーザーに提案!

  9. サラダクラブ産地表彰式を開催 第6回「Grower of Salad Club 2022」全国約400の契約産地の中から8産地を「最優秀賞」として表彰