【賞金100万!】「JUMP ~JA×University “MIRAI” Pitch-Contest~」

「食と農とくらし」の学生ビジネスプランコンテスト「JUMP ~JA×University “MIRAI” Pitch-Contest~」 参加者募集開始!

 

一般社団法人AgVenture Lab(本社:東京都千代田区、代表理事理事長:荻野浩輝)は、社会課題の解決を目指す学生起業家向けにビジネスプランコンテスト「JUMP」を開催することを発表しました。

開催サイトはこちら

このコンテストは、社会課題の解決を目指す学生起業家のサポートを目的とする既に起業している、これから起業を目指す、学生チームのサポートを目的とした、全国規模のピッチコンテスト。すでに起業している、もしくはこれから起業を目指す学生が対象となります。

ファイナリスト全チームに賞金5万円と、AgVenture Labによる事業拡大に向けたサポートを提供し、さらに本選で選ばれた優秀チームには総額100万円の賞金!!

AgVenture Labによると開催により、学生の起業マインドを醸成するとともに、社会課題解決に資するスタートアップの発掘・育成を目指したいということです。

■学生ビジネスプランコンテスト「JUMP」WEBサイト:https://jump.agventurelab.or.jp/

【スケジュール】
エントリー開始     2021/11/16
事前説明会           2021/12/10
エントリー締め切り   2022/1/3
セミファイナル       2022/1/29
最終ピッチコンテスト  2022/2/26

※上記の予定は変更される可能性がございます。
※スケジュールや募集についての詳細は「JUMP」WEBサイトをご参照ください(順次更新)。

【事業領域】「食・農」「くらし」「金融」「その他(SDGs等)」の分野であること。

【参加企業・チーム】大学の学部生・大学院生・ポストドクターを代表者として構成されるチームまたは個人であること。

【その他条件】
●公開で実施する「最終ピッチコンテスト」に代表者が参加し、AgVenture Labの会場でプレゼンを実施できること。
●最終ピッチコンテストの内容について、YouTube等での配信について同意できること。
●賞金を受領した場合、後日のイベント登壇等に合意できること。

【審査基準】
新規性、実現性、収益性、熱意、社会的インパクト

■AgVenture Labとは■(https://agventurelab.or.jp
AgVenture Labは、全国農業協同組合中央会、全国農業協同組合連合会、全国共済農業協同組合連合会、農林中央金庫、一般社団法人家の光協会、株式会社日本農業新聞、全国厚生農業協同組合連合会、株式会社農協観光の全国組織8団体が共同して2019年5月27日に開設されました。
「次世代に残る農業を育て、地域のくらしに寄り添い、場所や人をつなぐ」をコンセプトとして、スタートアップ企業やパートナー企業、大学、行政等と協創し、様々な知見やテクノロジーを活用しながら、新たな事業創出、サービス開発、地域課題の解消を目指す組織です。JAグループではAgVenture Labでの活動を通じて外部企業との連携を強化し、第一次産業や地方が抱える社会的課題の解決につながるような新たな価値の創出に積極的に挑戦しております。

編集部より

農業系の大学に通う学生だけでなく、実家が農業を営んでいる学生など今後を担う人たちがたくさん参加してくれればいいですね!やっぱり一度実際の職場環境に馴染んでしまうと現実的な諸問題を多く感じてしまうため青信号でアイデアが出にくくなってしまいます。学生の頭が柔らかいうちに、ぜひ21世紀の農業を変えていくような面白いビジネスを生み出して欲しいと思います。この企画を主催するAgVenture Labさん、面白いですね。今度取材をお願いしたいと思います!!

関連記事

  1. 資生堂パーラー サロン・ド・カフェ ラゾーナ川崎店 感謝の気持ちを込めた『4周年記念プレート』&国産フルーツの『ブーケパフェ』

  2. 育てて食べれる!エスビー食品の「育てる」ハーブ!新発売

  3. 生鮮食品ECのクックパッドマート、まとめ買いオススメセットをユーザーに提案!

  4. 株式会社TOKIO 松岡 昌宏さん渾身の自信作『トマたまカレーうどん』が80万食突破で大好評 丸亀製麺からついに登場!『トマたまカレーライス』打ち立て・茹でたての定番うどんとご一緒にどうぞ

  5. ヒルトン名古屋 サンリオキャラクターズ 初コラボ 秋のスイーツビュッフェ「クロミ、シナモロール、ハローキティのオータムフェスティバル~ダークな森の収穫祭~」を開催

  6. ブラインド試食にて、約8割の生徒が「規格外野菜の方がおいしい」と回答中学生×農家でフードロス問題に向き合い、EC販売する規格外トマトセットを考案「メルカリShops “ショク育”授業」イベントレポート

  7. 【村上農園×マックスバリュ西日本】TikTok動画使ってお店でレシピ提案!

  8. 「JAタウン」で新しく「どっさり市 JA遠州中央」がオープン!

  9. 輝くシャインマスカットと優しい甘さのマロンが織りなす贅沢な秋 “栗の王様”「利平栗のモンブラン」は“搾りたて”をお席までお届け 「Sweets Parade ~シャインマスカット&マロン~」