無印良品、不揃いりんごを12月10日より127店舗で発売

一般の規格から外れてしまう「不揃いりんご」を今年も発売

~生産工程をさらに見直し、協力農園と販売店舗も拡大~

 

無印良品を展開する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 堂前 宣夫)は、生産工程を見直して削減できる作業を省き、見た目にキズやシミ、色ムラがあってもおいしさは変わらない「不揃いりんご」を2021年12月10日(金)より、全国の無印良品の限定127店舗にて発売します。

 ■3年目を迎えた「不揃いりんご」の取り組み
1.削減できる作業を省いて生産された「不揃いりんご」を今年も発売
当社の「不揃いりんご」の取り組みは、2019年にスタートしてから3年目を迎えました。「不揃いりんご」の生産においては、おいしいりんご作りにこだわりつつ、農業人口の減少や生産者の高齢化が進む日本国内の実態を鑑み、生産者とアイデアを出し合いながら、今まで当たり前としていた作業にも目を向け、削減できる作業は可能な限り省く取り組みを進めてきました。今後も、生産工程を見直しながら、この取り組みを続けていきたいと考えています。

 2.生産工程をさらに見直し、りんごに日が当たりやすいよう、葉の剪定作業の取り入れ
「不揃いりんご」の取り組みは2019年、まず「軸が無い」、「キズ、シミ、色ムラがある」などの理由で一般の規格から外れてしまう(規格外)りんごを販売することから始まりました。続く2年目は、生産工程を見直し、「赤い色をつける」「外観で選別する」「サイズを細かく分ける」といった削減可能な3つの作業を省く段階に発展。そして3年目となる今年は、生産工程をもう一度見直し、葉の剪定作業を取り入れることにより、りんごに日が当たるよう工夫しました。このように削減できる作業を省くだけでなく、必要な作業は残す、取り入れるなど、常に改善を図っています。

<生産工程から省いている3つの作業(詳細)>
・以下の3つの作業を省いて収穫したりんごを、正規品・規格外の区別なく、出荷します。
・見た目は不揃いですが、おいしさは変わりません。

①赤い色をつけるための作業
・反射シートの使用
・日光が当たるように果実を回転させる”つる回し”
②外観で選別する作業
・キズやシミの有無を選別する作業
・色ムラの有無を選別する作業
③サイズを細かく分ける作業
・通常7段階でサイズ選別するところ、大・中・小の3段階の選別に軽減

 3.活動理念に賛同した生産農園が新たに参画

 これまで「成田農園」(青森県弘前市)と連携してきた「不揃いりんご」の取り組みですが、2年目は同園との連携を継続しつつ、生産工程を見直して削減できる作業の省略を図り、販売総量は前年比約3倍に拡大。そして3年目となる今年は、生産者の高齢化や食品ロスなどの課題がある中、食と農の未来に対して危機感を感じていた「對馬農園」と「齋藤農園」(いずれも青森県弘前市)が活動理念に賛同し、新たに参画。生産者のネットワークは3農園に増加し、販売数量も昨年比で2倍に拡大します。

4.販売店舗エリアを拡大
無印良品では「不揃いりんご」の取り組みの着実な広がりに応じて、販売店舗を拡大しています。1年目は全国30店舗での販売でしたが、2年目は80店舗に広げました。3年目を迎えた今年は、販売店舗をさらに127店舗に拡大します。

 ■無印良品における「不揃いりんご」の取り組み ~”おいしい“って何だろう?~
農産物は工業製品でないにも関わらず、色・サイズなどの見た目によって「規格外」にされてしまうものが多くあります。見映えは悪くても、おいしいものはおいしいのにもったいない、と私たちは考え「不揃いりんご」の発売に至りました。あえて生のまま販売することで、大切なのは見た目ではない、ということを知っていただきたいと考えています。そして、食品ロスの削減につなげ、新しい農業の未来をつくっていきます。

 ■無印良品における「食」への取り組み
無印良品は、生活者や生産者に配慮した商品・サービスを通して、世界の方々の暮らしの役に立ちたいと考えています。衣・食・住という生活の基本の中でも、「食」は最も基本的な営みであり、なくてはならない領域です。これまでも、日々の食卓に欠かせない青果の取り扱いを通じて、生産者の思いや数々の工夫といった情報をお伝えしてきました。
無印良品は、産地での生産環境や、収穫後に消費地に運ばれるまでの過程と向き合い、無理・無駄の排除に努めています。また、そういった産地の状況を、商品とともに店頭やWEBサイトなどを通じてお伝えすることで、生産者と生活者の距離を縮める一助になれれば、と考えています。工業製品ではない野菜や果物は、一つひとつ形も味も異なって当たり前、という視点で「おいしい」の価値を見直し、一般の規格から外れた青果を、年間を通じて今後も展開していきます。

 ■商品情報
契約した畑で収穫したりんごは、正規品も規格外も関係なくすべて販売します。

商品名 不揃いりんご(サンふじ)
規格 1個
消費税込価格 120~150円
販売開始日 2021年12月10日(金)
*なくなり次第終了
取扱店舗 限定127店舗
*取扱い店舗一覧は、下記URLをご確認ください。
https://prtimes.jp/a/?f=d987-20211206-873caf6e66a46dd3274d082d2adb83b5.pdf

PRTIMESのリリースはコチラ

編集部より

不揃いりんご。長野の雹害りんごの話題もありましたが、味は同じなのに見た目が悪くなってしまったため売れなかったり市場に出すと値段がなかなかつかないものがこうやって丁寧に販売されるのは良いことだと思います。今回の無印でのリンゴ販売ですが30店舗→2年目は80店舗→3年目を迎えた今年は127店舗っていうことです。要するに売れてる!ってことですよね。しかも産地や無印良品にもちゃんと適正な利益が落ちる形で。

市場出荷の場合、スーパーでは見た目が悪くてお客さんが手に取らないことを踏まえてやっぱりそれなりにちゃんとした見た目のものを仕入れる、逆に見た目が悪いものが売れ残ってしまうというのは「あるある」です。リンゴに限らず。生産者をキチンと紹介してこのようなキャンペーンでの販売がうまくいく成功例になるのであれば、ぜひりんご以外の品目でも広がっていければ喜ぶ産地が多いと思います。

関連記事

  1. 【日本一の星空】長野県阿智村 標高約1200mの高原で「なみあい とうもろこし」収穫体験開催

  2. いよいよ海外旅行シーズン到来!?サラダで旅気分が楽しめる「旅するサラダ」シリーズ第一弾「ガパオライス風サラダ」発売~ひと口たべればタイにひとっ飛び!~

  3. 生鮮食品ECのクックパッドマート、外出困難な方に向けた自宅配送無料キャンペーン!

  4. 夏秋キャベツの収穫量日本一 嬬恋高原キャベツの収穫が始まりました 休暇村嬬恋鹿沢では、「白樺マルシェ」がオープンします

  5. 食べチョク、シャインマスカットの次に流行るぶどうを決める「食べチョクG-1 Grapeダービー」を開催!

  6. 【銀座コージーコーナー】濃厚な甘さのマンゴー、上品な甘さと香りの白桃。とろける食感の2大フルーツをショートケーキやタルトで味わう♪

  7. 【西武池袋本店 5月旬だより】トマトの旨みを楽しむ多彩なサラダや香り豊かな抹茶スイーツを展開、初夏におすすめ「トマト」&「新茶・抹茶」

  8. 食べチョク、長野県中野市と2度目の連携を開始。市内の生産者の販路拡大や販売促進をサポート。

  9. ホットペッパー外食実態調査2021年11月分