村上農園クセスゴ野菜「マイクロハーブ」新商品!

クセスゴ野菜「マイクロハーブ」シリーズから2つの新商品 和食やフレンチを引き立てる『シュンギク』と『セルフィーユ』

12月9日(木)から主に飲食店向けに本格販売をスタートします。

 

株式会社村上農園(本社:広島市、代表取締役社長:村上清貴、以下村上農園)は、プロの料理人向けの野菜「マイクロハーブ」シリーズから、和食を引き立てるさわやかな香りの「シュンギク」と、フレンチなどで人気の高い甘い香りの「セルフィーユ」の2つの新商品を、12月9日(木)から本格的に販売します。

 

“クセがスゴイ”個性派揃いのマイクロハーブシリーズ 発売3年で売り上げ3倍以上に急成長

マイクロハーブとは、個性的な風味や色、形を持つ、発芽後2〜3週間の“小さなハーブ類”のことです。小さくても親野菜に負けない香りや味を持つので、料理に添えれば見た目を華やかにするだけでなく、味わいのアクセントとしても存在感を放ちます。2018年4月からマイクロハーブシリーズの販売を開始し、これまでに19商品を発売。中華のスパイス・花椒(ホァジョー)のように舌がしびれる辛みを持つ「四川花椒菜(シセンホァジョーナ)」や、蜂蜜のように甘い「ハニーステビア」、葉先に小石をまとったような姿の「ロックチャイブ」など、一般のスーパーでは見ることができない、良い意味で“クセがスゴイ”ラインナップを揃えました。プロの料理人の間で徐々に認知を広げ、市場が拡大、今年11月の売上高は、発売初年度2018年の同月比で約3.8倍に伸びました。

最新の植物工場で栽培 季節や天候によらず一年中使えるのが魅力

今回シリーズに加わる「シュンギク」は中葉春菊の幼葉で、繊細な味わいの食材が多い和食におすすめ。特有のさわやかな香りを持つ一方で、苦味や食感は親野菜よりもやわらかいので、食材の味を壊さず上品に引き立ててくれます。また、「セルフィーユ」は英語ではチャービルとも呼ばれる人気のハーブ。美しい形や甘い香りから“美食家のパセリ”とも言われ、料理からスイーツまで通年で使いたいというニーズが高いのですが、気温の高い夏場は栽培が難しく流通量が激減します。そこで当社は、季節や天候に関係なく栽培ができる植物工場の利点を生かし、通年で安定供給できるマイクロハーブとして開発しました。

マイクロハーブの生産施設マイクロハーブの生産施設

商品概要

【商品名】 シュンギク
【特徴】 中葉春菊の幼葉。小さくてもさわやかな香り。
【価格】 442円(税込/当社オンラインショップ価格)

シュンギクシュンギク

 

【商品名】 セルフィーユ
【特徴】 英名:チャービルの幼葉。「美食家のパセリ」とも呼ばれる。
【価格】 442円(税込/当社オンラインショップ価格)

セルフィーユ
セルフィーユ

シュンギクを使った料理(六雁 秋山シェフ) …鰆を炭火で皮面を炙り、シュンギク、りんご、ごまを添え、オリーブオイルを一振りした。
シュンギクを使った料理(六雁 秋山シェフ) …鰆を炭火で皮面を炙り、シュンギク、りんご、ごまを添え、オリーブオイルを一振りした。

セルフィーユを使った料理(リストランテホンダ 本多シェフ) …パネッレ(ひよこ豆のフリット)に蒸して炙った白子をのせ、エシャロットを使った焦がしバターソースをかけ、セルフィーユを添えた。
セルフィーユを使った料理(リストランテホンダ 本多シェフ) …パネッレ(ひよこ豆のフリット)に蒸して炙った白子をのせ、エシャロットを使った焦がしバターソースをかけ、セルフィーユを添えた。

村上農園 会社概要

【設立】 1978年1月

【代表者】 代表取締役社長 村上清貴

【売上】 106億1,500万円(2020年12月期)

【事業内容】 豆苗、スプラウトなどの発芽野菜や高成分野菜、レストラン向けマイクロハーブの生産・販売

【事業所】 本社・研究開発部(広島)、生産センター(千葉、神奈川、静岡、山梨、三重、広島、福岡)、営業所(東京、名古屋、大阪、広島、福岡)

【関連会社】 株式会社沖縄村上農園(沖縄県大宜味村)

【加盟団体】 一般社団法人 日本経済団体連合会(経団連)

【ウェブサイト】 https://www.murakamifarm.com

PRTIMESのリリースはコチラ

編集部より

皆さん、村上農園の「マイクロハーブ」シリーズを召し上がったことありますか?その名の通り見た目は非常に繊細な、ささやかなハーブです。でもパクっと一口言ってください。その強烈なインパクトに驚くと思います。もちろん、量と価格の面でこちらをバクバク食べるわけには行きませんしきっとそれは想定してません。ここに掲載されているシェフのお料理のように添える。でもきっと存在感が凄い。そんな野菜です。

なかなかこのインパクトを紹介しづらいと思っていましたが、今回村上農園から「クセスゴ野菜」というフレーズが使われてます。確かに。腹落ちする表現です。種類によっては苦手なものもあるかもしれない。でも好きな人にはたまらない。そんな感じでしょうか。

スーパーでも陳列しているお店があると思います。ぜひ普段のお料理にアクセントを加えてみたい方、お試しください。

関連記事

  1. 産地出荷の始まった飯沼栗を食べてみました【公式メッセージ有】

  2. 本日から!新宿伊勢丹「いちごに恋する七日間」

  3. 【発芽野菜】湧水で栽培した発芽にんにくがオンライン販売スタート

  4. お笑い芸人界で話題!?のパワー系新CM第3弾がついに完成。なかやまきんに君からダイショー社員へ渾身の「どっちなんだい!?」ギャグで迫る!2022年4⽉6⽇(水)より公開!

  5. 2年目突入!京都市とミツカンの「もったい菜漬け™」

  6. 【美味しさの秘密はARで!】アプリ不要で体験できる「おいしい秘密を教えて農家さん」の提供を開始!(株式会社エージーと連携)

  7. 湖池屋×Creema “じゃがいも心地”をテーマにしたオリジナルハンドメイド作品をプレゼント!

  8. 松戸のブランドネギ「矢切ねぎ」が旬!

  9. その食事に野菜をプラス!カゴメ×『名探偵コナン』第4弾コラボ実施決定!!「彩色(さいしき)の祝祭(ベジフェス)」キャンペーン 今年は第1弾ハロウィン編と第2弾ブラックフライデー編を実施