【三浦大輝著】『渋谷の八百屋発[食農ビジネス]革命』

【みんなの青果ニュース】

新型コロナで深刻化する「フードロス」のゼロを目指す渋谷の八百屋の挑戦 運営者は東日本大震災をきっかけに農業を志した26歳の青年だった

みんなの青果編集部からのコメント

若き26歳の三浦さんが「フードロス」を目指しながら魅力的な青果店を運営されています。扶桑社からその取組が出版されました。オンライン販売の勢いが高まる昨今ですが、改めてリアル店舗の重要性を感じます。

PRTIMES配信のリリース

リリースはコチラ

近年、「食」と「農業」にまつわる産業、「食農ビジネス」への注目度が高まっています。その範囲は非常に広く、「生産者が農産物を作るところから、流通・加工、そして一般消費者に農産物が渡るまで」のすべての工程が含まれます。
この食農ビジネスの世界で注目を集める若き経営者が、現在26歳の三浦大輝さんです。

三浦さんは九州の農家を点々としながら現場作業をした経験もあるという

三浦さんは九州の農家を点々としながら現場作業をした経験もあるという

三浦さんは高校入学前に地元、仙台で体験した東日本大震災を機に、食の安心・安全を自身のフィールドに定めました。現在は株式会社Living Rootsを設立、農産物の卸売業と小売業を手掛け、生産者である農家と消費者をつなぎ、“食農ビジネス革命”を起こしているイノベーターです。
さらに、渋谷のほか、東京・根津と埼玉・大宮で「菜根たん」という八百屋3店舗の運営もしています。そのうちの東急渋谷店は、他店にはないこだわりの商品構成と商品知識の豊富な従業員の接客で多くの顧客の支持を集めています。

そんな三浦さんがSNS上で話題になったのは2020年4月のことでした。
新型コロナウィルスの流行による緊急事態宣言発令の際、取引先の百貨店の臨時休業に伴い、大量のフードロスが発生。彼がTwitterでつぶやいたところ、4万もの「いいね」を集め、3.9万回リツイートされるなど反響を呼びました。
この反応を受け、三浦さんはそうした野菜を買い取りB品野菜セットにしてネット販売を行う「フードレスキュー活動」を実施。見事に完売し、廃棄を回避できたといいます。その後もSNSを使って複数回の同様の活動を行い、メディアにも取り上げられました。

三浦さんのツイートには「廃棄はもったいないので、ぜひ買いたい」という希望者のリプライが数多くあった

三浦さんのツイートには「廃棄はもったいないので、ぜひ買いたい」という希望者のリプライが数多くあった

このような「フードロス0」を目指す活動を行うのは、「農業に従事するすべての人を豊かにする」という三浦さんの思いからです。
三浦さんが運営する「菜根たん」で販売する野菜の9割は、47都道府県にいる契約農家から直接仕入れ、独自の流通ルートを構築して物流コストを大幅に削減することに成功。生産者、運送会社、仲卸業者らとWin-Winになる関係を築いています。

3月2日(火)に発売予定の書籍『渋谷の八百屋発[食農ビジネス]革命』(三浦大輝 著、扶桑社刊)では、三浦さんのこれまでの経験や食農ビジネスの構造、Living Rootsの目標を図解も含めて紹介しています。
また、「三浦さんの活躍を見ていると、まるで、食の世界における『坂本龍馬』のようだ」(茂木健一郎/脳科学者)、「元気な声と一緒に元気な野菜」(林真理子/作家)からの推薦コメントや、タレント・井上咲楽さんや起業家・椎木里佳さんをはじめとした、三浦さんをよく知る18人の友人たちからのメッセージも収録。
さらに、三浦さんがこれまでのビジネスで得たノウハウも「ヒントブック」の形で掲載されています。

「生産」「運送」「仲卸」「営業」「メディア」など、さまざまな分野でのヒントが満載「生産」「運送」「仲卸」「営業」「メディア」など、さまざまな分野でのヒントが満載

日本の農業の未来を作る若きイノベーターの思考と戦略を余すことなく知ることができる一冊となっています。

  • 著者プロフィール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三浦大輝(みうら・だいき)
「菜根たん」代表/株式会社Living Roots 代表取締役CEO。
1995 年宮城県生まれ。地元・仙台での東日本大震災体験をきっかけに食の安心・安全を意識するようになり、農業ベンチャーの道へ。現在は青果を中心に卸・小売を手掛けるLiving Rootsで八百屋「菜根たん」(東京・渋谷、根津、埼玉・大宮)を経営。コロナ禍でいち早くフードロス対策を実行し、各メディアで注目を集めた。「一般社団法人和ハーブ協会 和ハーブ・アンバサダー」「JRフルーツパーク仙台あらはま広報大使」「とおかまちプロモーション大使」も務める

三浦大輝Twitterアカウント
@yasai_md

八百屋「菜根たん」Twitterアカウント
@saikontan_yasai

  • 書誌情報

タイトル:『渋谷の八百屋発[食農ビジネス]革命』
著者: 三浦大輝
発売:2022年3月2日(火)
定価:1,650円(本体1,500円+税)
判型:四六判
ISBN: 978-4-594-09091-3
発売元:株式会社 扶桑社

  • 購入リンク

Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4594090915

楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/17062877/

<END>

関連記事

  1. JA熊本市のナスとみかんが期間限定で送料無料!

  2. 【そごう大宮店】旬の道産苺が目白押し!「初夏の北海道物産展」開催。

  3. いつでも、どこでも。すぐに、ほっとひと息。2022年6月8日(水)より、Soup Stock Tokyoからフリーズドライが新登場。

  4. 「食から日本を考える。NIPPON FOOD SHIFT FES.」を開催!

  5. その不調、野菜で改善! 動物性食材を使わない「プラントベース」のアスリートフード研究家が教える『野菜のおいしい食べ方』が、7月1日(金)発売! この一冊で身体が軽くなる!

  6. 輝くシャインマスカットと優しい甘さのマロンが織りなす贅沢な秋 “栗の王様”「利平栗のモンブラン」は“搾りたて”をお席までお届け 「Sweets Parade ~シャインマスカット&マロン~」

  7. 北海道の“旬の幸”を提供する直営ECサイト『産地直送センター』“北海道産レア食材企画” を展開!

  8. <1月28日(金)午前10時~>今が旬の「フロリダグレープフルーツ」を“学問の神様”、太宰府天満宮に奉納!!

  9. 【cucina del NABUCCO】の人気シリーズ!シーズン毎に季節のフルーツを詰め込んでお届けする「とろける旬果ブッラータ」。初夏の新作は、さくらんぼを贅沢に使って登場!