宮崎県ピーマン×ケンミン焼きビーフンコラボ

ビーフンでピーマンが美味しくなる!ビーフンシェアNo.1*「ケンミン焼ビーフン」×冬春ピーマン1月シェアNo.1*「宮崎県産ピーマン」がピーマンのおいしさ新発見キャンペーンを2022年1月から実施!

JA宮崎経済連とケンミン食品株式会社の共同リリース

ケンミン食品株式会社(兵庫県神戸市・代表取締役社長:高村祐輝)は、JA宮崎経済連(宮崎県・代表理事会長:坂下栄次)と協力し、抽選で300名様に宮崎県産野菜とビーフンの詰合わせセットが当たるレシートキャンペーンを2022年1月1日から開催します。対象商品「ケンミン焼ビーフン」と宮崎県産ピーマン「グリーンザウルス」の両方を購入したレシートでWeb上からご応募。販売促進として「ケンミン焼ビーフン」300万袋に、焼ビーフン1袋に対してピーマンをたっぷり1袋(4~5個)使ったレシピを掲載した特別パッケージで、ビーフンでピーマンが美味しいレシピを紹介します。また、宮崎県産ピーマン「グリーンザウルス」1,000万袋に当キャンペーンを掲載し、両商品で連動し売り場でのクロス販売を促進し、全体を通して宮崎県産冬春ピーマンや、ビーフンとピーマンの相性の良さを訴求し、積極的に食べていただくことで野菜の消費拡大と摂取量増加に貢献します。
※ビーフンシェアNo.1:日本税関2020年ビーフン輸入量(HSコード:1902.19.010)
冬春ピーマン1月シェアNo.1:独立行政法人農畜産業振興機構 ベジ探調べ

 

 

(ケンミン)ケンミン焼ビーフンx宮崎県産ピーマンコラボキャンペーン
(ケンミン)ケンミン焼ビーフンx宮崎県産ピーマンコラボキャンペーン

キャンペーンの目的
①    ピーマンは子供の嫌いな野菜の3位で、これをビーフンの力で解決したい。
②    子供の野菜不足摂取量不足が社会問題となっている現代で、その解消に役立ちたい。
③    「野菜に良く合うランキング」№1であるビーフンで野菜の消費拡大を行いたい。

キャンペーン概要
・キャンペーンの名称
宮崎県産ピーマン「グリーンザウルス」&ケンミン焼ビーフン レシートキャンペーン

(ケンミン)関係図【ケンミン食品×JA宮崎経済連】
(ケンミン)関係図【ケンミン食品×JA宮崎経済連】

ケンミン焼ビーフン300万袋にピーマンレシピを掲載 x キャンペーン掲載ピーマン1,000万袋(約5,000万個分)

(ケンミン)ケンミン焼ビーフンx宮崎県産ピーマンコラボキャンペーン
(ケンミン)ケンミン焼ビーフンx宮崎県産ピーマンコラボキャンペーン

・応募期間
2022年1月1日~31日(1か月間)

・応募方法
JA宮崎経済連園芸部LINE公式アカウントを友達追加し、応募フォームより必要事項の入力とレシート撮影し応募
参考URL:https://shop-kei.com/fr/26
(上記期間外は別のキャンペーン内容が表示されることがあります)

・対象商品
宮崎県産ピーマン「グリーンザウルス」
ケンミン焼ビーフン
※2つの対象商品を同時購入のレシート1枚毎に1口の応募

・景品
宮崎県産季節の野菜とおすすめビーフンの詰め合わせを抽選で300名様にプレゼント

キャンペーンに至った背景
下記の比較試食アンケート結果のようにビーフンを使ったピーマン炒めのほうが美味しいと感じるお子様が2倍以上の差がありました。ビーフンと一緒に食べることでお子様の苦手なピーマンの苦味をやわらげていると思われます。ビーフンレシピで、ピーマンの食べ方提案を行うことで、ピーマンの嫌いなお子様にピーマンを好きになってもらい積極的に食べてもらうことで、ピーマン(野菜)の消費拡大と野菜の摂取量増加に貢献したいと考えます。 

(ケンミン)試食アンケート【たっぷりピーマン炒め(ピーフン入り・ビーフン無し】
(ケンミン)試食アンケート【たっぷりピーマン炒め(ピーフン入り・ビーフン無し】

補足資料
1.ピーマンは子供の嫌いな野菜の3位で、これをビーフンの力で解決したい。野菜好きな子供が、約65%おられますがピーマンは、子供が嫌いな野菜の3位と上位にランクインしています。ピーマンが嫌いな子供たちがビーフンを通してピーマンを食べることになれば、ピーマンの需要拡大に寄与できると考えます。

(ケンミン)子供が嫌いな野菜トップ10 タキイ
(ケンミン)子供が嫌いな野菜トップ10 タキイ

2.子供の野菜不足摂取量不足が社会問題となっている現代で、その解消に役立ちたい。大人の野菜不足は様々指摘されていますが、子供の野菜摂取量も同様にどの年代も目標摂取量に対して、約40%程度しか摂取できていません。野菜が好きなこどもが増えている中で子供が苦手な野菜を克服することでより野菜の需要を高めることができます。

(ケンミン)子供の野菜摂取量 厚生労働省
(ケンミン)子供の野菜摂取量 厚生労働省

3.「野菜に良く合うランキング」№1であるビーフンで野菜の消費拡大を行いたい。「野菜に良く合うめんは?」というアンケート調査でビーフンは第1位を獲得しています。ビーフンはお米からできており野菜本来の旨味や 甘みなどを吸収して美味しくなる特徴を持ち、野菜の風味を楽しめるところが他のめん料理とは違う魅力です。

(ケンミン)グラフ【野菜に良く合うめんランキング】

(ケンミン)グラフ【野菜に良く合うめんランキング】

宮崎県産 冬春ピーマン「グリーンザウルス」とは
●宮崎県は冬期の日射量が全国でもトップクラスのため、そこで育てられた「グリーンザウルス」はビタミンCが豊富で、その含有量は全国標準値の約1.3倍です。 ビタミンCはストレスや細菌への免疫力を高める抗酸化作用を持っています。ここに着目し、みやざきブランド推進本部(宮崎県、JA宮崎経済連)では、平成17年より⻘果物の成分分析を開始し、健康に着目した商品作りを進め、みやざきブランド品目に認証されています。

●宮崎県産 冬春ピーマン「グリーンザウルス」は、平成29年12⽉より、 ピーマンで全国初の「栄養機能⾷品(ビタミンC)」となりました。 ⼀般的に健康に良いイメージのあるピーマンですが、「栄養機能⾷品」の 表⽰を⾏うことで、体に対する効果(機能性)を消費者の皆様へ ダイレクトにお伝えできるようになりました。

●栄養機能⾷品 宮崎県産 冬春ピーマン「グリーンザウスル」の表⽰について
◆機能性
「ビタミンCは、⽪膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、 抗酸化作⽤を持つ栄養素です。」
◆表⽰成分
ビタミンC
◆含有量
・当該ピーマンの1⽇当たりの摂取目安量は100g。この量に、ビタミンCが 42mg 〜132mg含まれます。
・これは、1⽇に必要なビタミンCの平均的な目安※の42%〜132%にあたります。 (※栄養素等表⽰基準 ビタミンC:100mg)
留意事項
①ビタミンCの表⽰については、農産物ゆえに⽣じる栄養成分のばらつきを考慮したサンプリングと統計⼿法で決定しています。(平成28年3⽉〜平成29年2⽉ 計84サンプル分析)
②表⽰後も定期的な含有量のモニタリング調査を⾏っています。

JA宮崎経済連とは
JA宮崎経済連の主幹事業は「園芸農産事業」「畜産事業」で、宮崎農業の発展に全力を注いでいます。
宮崎県は、全国でもトップクラスの産出額を誇る農業県です。この農業県「みやざき」の持続的な発展のために、 国内でこれから迎える本格的な少子高齢・人口減少時代の中、農業従事者の急速な減少や高齢化、労働力不足などの構造的課題だけでなく、物流の改善・効率化やスマート農業への対応、疾病や自然災害への備えなど、従来の方法や役割等の単なる踏襲だけではなく、時代の変化に対応した生産・流通構造への挑戦が課題となっており、その解決のために、協同組合として常に自らの変革に努め、組合員、消費者、社会のニーズに応えることのできる組織になることを目指している組織です。現在、協同会社(現16社)を設置し農畜産物の加工や販売、その他系統経済事業の機能強化を図っています。
https://www.kei.mz-ja.or.jp/  

JA宮崎県経済連JA宮崎県経済連

「ケンミン焼ビーフン」とは
1960年に誕生、2020年に60周年を迎えたロングセラー商品。味付きビーフン商品として世界初・世界オンリーワン*(自社調べ)であり、ギネス世界記録™『最も長く販売されている焼ビーフンブランド』に認定されている。鶏だしの効いた醤油味で味付けされ、ゆで戻し・調味料不要で、世界一簡単に美味しく料理できる米めん商品として、年間約1500万食を製造・販売。日経POSセレクション平成売上No.1(その他即席めんカテゴリー)受賞。2020年12月より焼ビーフン専用新工場にて製造をスタート。海外展開では、2020年1月より「KENMIN Yaki Be-fun」をアメリカで販売開始。

ケンミン食品とは
1950年神戸創業のビーフンメーカー。1960年発売の『ケンミン焼ビーフン』はギネス世界記録™『最も長く販売されている焼ビーフンブランド』。国内ビーフン市場の52.8%のシェアで日本一。創業者高村健民に因み、健康(健)を皆さま(民)に提供するという理念を持つ。ビーフンの他にも、フォー、ライスパスタ、ライスペーパーなど米を原料とした加工食品を製造する専門企業である。近年、グルテンフリーがトレンドの欧米にも輸出し親しまれている。2018年地域未来牽引企業、2020年ひょうごオンリーワン企業に認定。明治安田生命J1リーグヴィッセル神戸のユニフォーム・パンツスポンサー。
https://www.kenmin.co.jp/
 

(ケンミン)71周年ロゴ
(ケンミン)71周年ロゴ

PRTIMESのリリースはコチラ

編集部より

なぜピーマンが子供のキライな野菜になっているのか。子供の鋭敏な味覚に合わない?いやいや、でもチンジャオロースだって美味しいし。

仮説として上げたいのは「アニメに出てくるキャラクターがピーマン嫌いって言うから」だと思ってます。40代の皆さん。昔「にこにこぷん」でポロリがピーマン嫌いだったの覚えてますか?あれで食べる前からピーマン嫌いになった子どもたち多いと思いますよ。

大人としては美味しいから食べてもらいたいんです。このキャンペーンによって「ビーフン作るんだったらピーマンマストだよね!」になればメーカー、産地も嬉しいですね。

 

関連記事

  1. 〈沖縄県のトロピカルフルーツを味わい尽くす!〉『沖縄フルーツフェス-パイン&マンゴー編-』を東京・白金台「MuSuBu」にて開催!

  2. 青森生まれの「大粒・高糖度・ハート形」さくらんぼ、南部町・留長果樹園の「ジュノハート」の取り扱いを開始します

  3. 食べチョクが令和4年8月の大雨による被災生産者の支援プログラムを実施。今年のりんごがすべて収穫できなくなり、3,000万円相当の被害を受けた生産者も。

  4. 【cucina del NABUCCO】の人気シリーズ!シーズン毎に季節のフルーツを詰め込んでお届けする「とろける旬果ブッラータ」。初夏の新作は、さくらんぼを贅沢に使って登場!

  5. 農家の顔が見えるリンゴに特化した通販サイト登場

  6. 横浜高島屋「東北旅行を満喫 東北駅弁まつり」

  7. 株式会社TOKIO 松岡 昌宏さん渾身の自信作『トマたまカレーうどん』が80万食突破で大好評 丸亀製麺からついに登場!『トマたまカレーライス』打ち立て・茹でたての定番うどんとご一緒にどうぞ

  8. 「JAタウン」で新しく「どっさり市 JA遠州中央」がオープン!

  9. JA全農との取り組み 秋のフルーツ産地直送!8月30日(火)よりサービス取扱い開始~シャインマスカットなど上質なフルーツがお手軽に~