山梨・静岡・三重・広島・福岡産|豆苗|村上農園

生で食べても甘くておいしい豆苗つくってます

村上農園は発芽野菜(スプラウト)のトップカンパニーとして培った技術をベースに、国内外の研究機関等と提携し、独自性の高い商品を開発することで新市場を切り開いてきました。当社の商品には大きく分けて2つの軸があります。ひとつは、野菜の有用成分を高めて「からだの健康」に役立つ野菜。もうひとつは、食卓を楽しく演出して「こころの健康」に役立つ野菜です。

豆苗は「こころと体の健康」に役立つ野菜です。緑黄色野菜の中でも栄養価は極めて高く、また幅広く様々な料理に使えます。当初の生産能力は1日に250,000パック以上!!全国シェアもトップです。植物工場で安定的に出荷していますが、ポイントはそれだけではありません。どこよりも美味しい豆苗を作るために様々な品種を選別して品種改良を重ねています。なので生で食べても柔らかくて甘みがある美味しさの豆苗になっているのです。

近年では、新野菜の「こころの健康」に役立つ「マイクロハーブ」も発売。見た目は小さいですがインパクトのある「クセスゴ野菜」です。これまでにない色や型、味や香りがこころに刺激を与え、一緒に食事をとる人と感想を述べ合うことで円滑なコミュニケーションが生まれ、それがこころの健康につながっていきます。

村上農園は、おいしく安全で、人々のこころとからだの健康に寄与する野菜を、高品質で安定的に供給することで社会に貢献してまいります。

株式会社村上農園 村上清貴

この野菜は?

商品の詳細情報

出荷時期

1年中生産、出荷しています

品種

豆苗(品種非公開)

出荷規格

ケース10入

出荷方法

各市場経由または直接、量販店に出荷中

主な販売店

販売店検索システムよりご確認ください https://murakamifarm.force.com/

出荷法人名

株式会社村上農園

生産者イチオシのポイント

見てくれた方に特に伝えたい2つのお話。

売れ筋商品!

豆苗は栄養バランスに優れた野菜で、緑色葉物野菜に多く含まれる「βカロテン」や「ビタミンC」といった栄養素が多いだけでなく、豆に多く含まれる「タンパク質」や「ビタミンB1」「ビタミンB2」などの栄養素も併せ持っています。
また、豆苗のビタミンAはチンゲンサイの約1.5倍、ビタミンCはカブの約2.3倍。ビタミンEは小松菜の約1.8倍含まれています。豆苗の最大の長所は「根付き」であるということ。調理のときまで、根がついた生きた状態なので、いつでも「収穫したて」の美味しさを味わうことができます。
豆苗は、えぐみが少ないので下ゆでなどの処理が必要なく、火の通りも早いので時短調理に向いています。

TVやメディアで紹介!!

再生栽培のできる野菜としても注目を集めている豆苗。また、天候不順など野菜の価格高騰の時でも安定した価格で食卓を彩るご家庭の強い味方としても人気です。村上農園の豆苗は、全国シェアナンバー1として数多くのメディアに紹介されています。生でもえぐみが少なく甘みのある品種を使って栽培していますので生食もおすすめ。他社の豆苗の中には、生食をおすすめしていないものもありますので、購入された豆苗のパッケージをご確認いただくようお願いします。

産地おすすめのレシピ

この商品を使った産地おすすめのレシピ

豆苗と韓国のりのサラダ4人分の材料
豆苗 1パック
韓国のり 小1パック(5g程度)
しょうゆ 大さじ2/3
ごま油 大さじ1/2
松の実 (煎り) 適量
※ 松の実はなければ入れなくてもよい
作り方

1.豆苗は根元を落として洗い、水気をしっかりときり、食べやすい大きさに切る。
2.ボウルに豆苗を入れごま油を全体に絡める。
3.2にしょうゆを回しかけ、適当な大きさにちぎった韓国のりをまぶす。
4.松の実をトッピングする。

和えるだけの簡単サラダ。生の豆苗のみずみずしさが味わえます。

品へのこだわり

生産者の想いがここに宿る

品質管理

最高レベルの衛生管理基準を設け徹底した管理で安心安全な野菜を生産してます。安全対策は大きく分けて4つ。
(1)有害微生物検査を全品目、全生産日に実施し、万が一検出された際には出荷前に全量廃棄。
(2)全生産センターに金属探知機を設置。
(3)原料種子の残留農薬検査を実施。
(4)全製品にロット番号を記載して管理。
そして食品安全マネジメントの国際規格ISO22000の正式認証を2009年にスプラウト業界で初めて取得しました(千葉、大井川)。

品質へのこだわり

虫や異物の入りにくいクリーンな環境の植物工場で農薬を使わずに安心安全にこだわって栽培しています。また豆苗を包むフィルム素材に野菜の呼吸をコントロールして鮮度を長く保つ機能性フィルムを使用しています。

味へのこだわり

村上農園では世界中からえんどう豆の種を取り寄せ、やわらかくて甘みのある豆苗に適した品種を選抜して使用しています。また継続的に品種改良に取り組み、美味しさを追求しています。生でもえぐみが少なく甘みのある品種を使って栽培していますので生食もおすすめです。

農園の環境について

私たちが作っているのはこんなところ

専用の植物工場

山梨北杜生産センターは、豆苗専用としては国内最大の植物工場です。豆苗の生産に欠かせない、豊かなきれいな水と日本一長い日照時間に恵まれた山梨県北杜市にあります。農業先進国オランダと日本の最新技術を取り入れ、気化熱を利用したエコな冷房システムや、自動化された苗の運搬システムなどを備えているほか、光や気温といったセンター内の育成環境をコンピュータで管理しています。

徹底した衛生管理

豆苗の収穫場に入るときには、専用の服に着替え、帽子、マスク、手袋、長靴を着用し、入室時にはエアシャワーを浴びるなど、徹底した衛生管理を行っています。また、村上農園では、商品の鮮度を保つため、全ての流通過程で切れ目なく低温管理を行う「コールドチェーン」を確立。パッケージされた豆苗は冷蔵状態を維持したまま、冷蔵車で全国の青果市場や量販店にフレッシュな状態で配送されます。

安定供給への取り組み

村上農園、関連会社を含めると全国に10カ所の生産拠点を持ち、365日休むことなくスプラウト類を生産しています。その工程は一見同じ作業の繰り返しに見えるかもしれませんが、相手は「生き物」。気候などの栽培条件が常に変化するなか、どの生産施設がつくった商品も「村上ブランド」として定めた高い品質基準を満たすために、科学的なデータと知見に基づいた生産を行っています。生産施設は毎日工程ごとに生育状況、温度、湿度、日照量、散水量などを記録し、社内ネットワークシステムによって全社で情報を共有。天候や季節に左右されることなく、いつでも高品質な商品を安定して出荷できる仕組みを実現しています。

STAFF

スタッフ紹介

加茂慎太郎

山梨北杜生産センター センター長
山梨北杜生産センターは、八ヶ岳や南アルプスなどの山々に囲まれた山梨県北杜市にあります。日照時間日本一を誇る豊富な太陽光と豊かな自然に育まれたキレイな水を使い、元気でおいしい豆苗を栽培しています。

大平健史

山梨北杜生産センター 次長
村上農園は「ハート&ハイテク」という言葉を大事にしています。自動化されたハイテクな施設で生産していますが、人の目で成長具合を観察し、愛情を込めて栽培しています。

小寺周

研究開発部 品質管理室室長
品質管理室は、村上農園の商品の安心安全と高い品質を守るためのチームです。全生産施設でつくられた商品の状態を日々チェックしたり、ブロッコリー スプラウトやマルチビタミンB12かいわれの成分含有量を特別な装置で計測したりしています。

松井真実子

広報マーケティング室次長
村上農園は「選んで良かった」と思っていただける商品づくりをしています。沢山の皆さまに「こころとからだの健康」に役立つオンリーワンの野菜を食べてほしいと思います。YouTubeやTikTokも運営していますので、ぜひご覧ください!

ACCESS

アクセス

ラインナップ

おすすめ商品

ブロッコリースーパースプラウト
村上農園

スプラウトシリーズ
村上農園

マルチビタミンB12かいわれ
村上農園

お問い合わせ

    株式会社村上農園

    【本社】〒731-5128 広島県広島市佐伯区五日市中央4-16-1広電コイン通りビル3階

    関連記事

    1. 山梨・静岡産|ブロッコリースーパースプラウト|村上農園

    2. 北海道産|高濃度ミニトマト|レッドジュエル|Jファーム

    3. 千葉・三重・福岡産|マルチビタミンB12かいわれ|村上農園

    4. 北海道産|高濃度ミニトマト|あまやか|Jファーム

    5. 愛知産|ミニトマト|あつみちゃんトマト|渥美半島とまとランド

    6. 山梨・兵庫・宮城産|天然水トマト|サラダボウルグループ